夏も終わり雨の日の草いきれ【日田街道04】

前回の続きです。(→スタート地点にさえ立ってないけど【日田街道03】)↓

「日田街道を辿ってみる!?」も今回で4回目。福岡城を起点に『博多街道』ルートを辿っている真っ最中な私です。こんにちは。↓

で、今回はといいますと、『博多街道』のスタート地点とされる「博多千年門」a.k.a「辻堂口」をくぐって、大野城市の山田交差点まで駆け抜けます。↓

さて、千年門前の「水道局入り口交差点」から少しだけ進むと、出来町公園があって↓

ちらっと園内をのぞいてみると、公園の片隅に、妙な碑が立っているのが見えますね。↓

近づいて見てみると、碑には『九州鉄道発祥の地』と刻まれていて↓

さらにもう一つ、こちらの碑には↓

『博多駅』と刻まれています。これはつまり、初代博多駅がこの場所にあったということ!?っぽいですよね。そのお話はまた別の機会に。↓

出来町公園を出たら、出来町通りを左へ入っていきます。そして御笠川を目指すのだ。↓

通りの左に「謝国名の墓」があって(→樟に包まれているのはあなた【謝国名の墓】)↓

そのすぐ先に、御笠川に架かる「みかさ橋」。↓

ここから向こうに見える、鹿児島本線の高架下をくぐって↓

川沿いを元気に進んでいきますよ☆ 。 。 。.゚ 。☆ * 。↓

通りの向こうは3号線。にぎやかな大通りです。↓

しばらくは、こんな感じの風景が続いたり。↓

たまに緑道があったりして。↓

こういうところは歩きづらいよね。↓

そうこうしてると、川の向こうに『山王公園』。

敷地内には『山王日吉神社』があります。(→まさるは良い名前です【山王日吉神社】)↓

この辺りから通りを中へ一つ入って、住宅地を進んでいきます。↓

目の前で交差する「きよみ通り」を↓

右へ進めば『半道橋地禄神社』(→雰囲気と言えばだいたい通じる【半道橋地禄神社】)。



今回はそのまま真っ直ぐです。↓

通りの隙間には猿田彦の石碑。↓

こちらは↓

なにかのお地蔵様。↓

気を付けて探してみると、公民館前にも↓

猿田彦。↓

こんなところにも。↓

民家のお庭にも。↓

さて、雨の板付1丁目交差点を過ぎたら↓

ここで再び御笠川を渡りますよ。↓

ここを右へ進むと『史跡板付遺跡』。(→弥生人に見られているケース【板付遺跡01/02】)↓

そして現在歩いている通りは「福岡日田線」で↓

その通りの左には『福岡市埋蔵文化財センター(閉館中)』。(→出会いは忘れたころに【福岡市埋蔵文化財センター】)↓

この筑紫通り交差点を、左へ入っていけば『井相田寶満宮』が鎮座していて(→新人(犬)とベテラン(犬)【井相田宝満宮】)↓

そのまま真っ直ぐ進んでいると、通り沿いに再び猿田彦を発見したりしてね。↓

さあ、いよいよ大野城市へ。↓

からの『らーめん東洋軒』!!(→髪を短くした日のラーメン【らーめん東洋軒】)↓

すぐ先の「原町東交差点」を左へ進めば『御笠の森』で(→1kmは結構な距離あるYO!【御笠の森】)↓

この次の交差点が、ようやく「山田4丁目交差点」。つまり今回の目的地に到着というわけです。↓

ここ山田の交差点で『博多街道』と、もう一つのルート『中道通り』は合流して一つになって、大分県の日田へと向かっていく。ここはそんな大事な場所。

交差点を左へ入っていくと『山田寶満宮』が鎮座していて(→勝敗がないと割と平和だろう【山田宝満宮】)↓

右の路地裏へ入っていくと『木造聖観音立像』がある。ここはそんな場所。(→追分は道が左右に分かれるところ【木造聖観音立像】)↓

とにかく無事に到着です。駆け足でやってきましたけど、いかがでしたか。晴れの日だったり雨の日だったり。歩きだったり自転車だったり。色々よ色々。

次回は、福岡城までいったん戻るんです。そして、薬院を通る近道ルート【中道通り】を辿って再び山田の交差点までやってくるというお話。↓

でもね、さくっと駆け抜けるからさ、ご安心を。だから次回もよろしくどうぞ☆


【山田4丁目交差点】

福岡県大野城市山田4丁目