樟に包まれているのはあなた【謝国名の墓】

たぶん1年くらい前のことだと思うんですけど、【謝国名の墓】の前を通り過ぎたことがありました。

そしてつい先日、博多駅前近辺に用事があって、ふと思い出しましたので訪ねてみたんです。これはその時のお話。↓

博多千年門から水道局そばを通り↓

さらに御笠川へ向かってクネクネ歩いていると↓

細い通り沿い(出来町通り)に小さな門があります。↓

そして門の中にはなにかの建物と大きな樟の木。↓

初めてみた時には、なんだか入るに入れない雰囲気で↓

門の隙間からちょっとのぞくばかり。私はそのままさよならを告げたのだった。↓

しかし時を越え、今回こうして再訪するに至ったのだった。↓

大楠さま↓

では、門から失礼します。案内板には↓

こういうことが書いてあります。↓

謝国名は、鎌倉時代の博多に居住した宋出身の貿易商人。船首と資本家を兼ねた綱首として日宋貿易を主導する一方、熱心に仏教を信仰。宋から帰国した聖一国師を助けて承天寺の建立に力を尽くしました。

とのこと。そして↓

貧民救済や鍼治療の普及にも貢献。没後、この地に葬られました。墓上に生えた樟が墓碑を包み込んだといわれ、大楠さまという愛称で親しまれています。

見た目はこういう感じの人らしい。日本人女性ち結婚し、謝太郎国明という日本名を持っていたという話もききました。↓

また、文中の『綱首』というのは↓

船を所有し日宋貿易を行った宋の商人のこと。

では、そろそろ門の中へお邪魔しましょう。



こちらの建物は↓

「出来町集会所」とのこと。その前に「南無阿弥陀仏」の碑。↓

奥にはお堂と「謝国名の碑」。後ろは博多塀ですね。↓

さらに仏様とか↓

石碑とか。↓

そして噂の樟です。↓

左が初代で右が2代目!?そんな話も聞いたけど、実際は分かりません。どうなんでしょう。↓

からの、もいっちょ!!この樟の中に謝国名のお墓があるということ!?↓

また福岡市の文化財HP内の記事を参照すると↓

筥崎宮の社領の一部を購入して承天寺に寄進しその経済的基盤を固めたり、宗像社社領の小呂島の地頭と称して社役を納めなかったなど、在地領主としての活動も知られている。

という記述もありました。

さて、謝国名は、宋から帰国した聖一国師(円爾)に帰依。円爾を開山として承天寺を建立したとありました。↓

その承天寺の境内には↓

「饂飩蕎麦発祥之地」↓

そして「山笠発祥之地」がたっています。↓

これらはそれぞれ↓

うどんの発祥というのは、聖一国師が日本に製粉技術を伝えたことに由来します。

そして

祇園祭山笠の始めだとされているのは、飢饉や疫病が流行った際に、施餓鬼棚を担ぎ法水をまいて、疫病封じをしたことから。このことがのち山笠に繋がっていったとのこと。

また、こんなお話もあるんです。

聖一国師は、不景気の年の瀬に、貧しい人たちに「蕎麦粥」をふるまいました。すると景気が上向いたことから、「年越しそば」が広まりました。つまり発祥の地とされています。

福岡文化の基礎に、謝国名そして聖一国師が果たした役割たるや!!

そんな謝国名を偲んで、ここ【謝国名の墓】では毎年「千灯明祭」が行われているのだそうです。


【謝国名の墓】

福岡市博多区博多駅前1丁目25