1kmは結構な距離あるYO!【御笠の森】

0
1kmは結構な距離あるYO!【御笠の森】

日本書紀に書かれている、なかなか楽しいお話です。

仲哀天皇のお后である神功(じんぐう)皇后は、福岡県秋月にいる豪族『羽白熊鷲』(はじろくまわし←名前がかっこいい!!)を従わせるため、橿日宮(かしひのみや:現在の福岡市東区にある香椎宮)から秋月へ討伐に向かいます。
その道すがら、皇后の御笠が風にあおられ空高く舞い上がってしまいました。(この笠が脱げた場所は『上筒井小字笠抜』という地名に)

舞い上がった御笠は、飛んで飛んでどんどん飛んで、その距離なんと1km。ようやく森の楠の木に引っ掛かったのです。(そこが『御笠の森』というわけ)
なにが凄いって、お供たちが1kmしっかり笠を追えたこと。お見事です。ブラボー。
御笠の行方は分かったものの、お供たちは困り果てていました。なんとか御笠を木から振り落とさなければなりません。だけど上手くいかないよ。
村長と相談した結果、神様への舞を奉納することに。もう神頼みですわ。
こうして、お供らの苦労の甲斐もあり、御笠はなんとか皇后の元へ戻ったのです。(この地は『舞田』と呼ばれるように)

その後、無事に!?熊鷲を討伐した神功皇后のお言葉がこちら。
「我が心安し」

実際に訪ねてみると、きれいに整備された小さな小さな森のような公園のような広場のような。
入口には案内板、中に入ると御笠社神社という小さな祠や万葉歌石碑なんかががありましたよ。

私の帽子も飛ばされるかな、なんて思いましたが、そんなことはどうでもいいですね。

【御笠の森】

福岡県大野城市山田2丁目4