講演会に参加してサイン欲しかった【人参畑塾跡】

福岡市博多区の住吉通り沿い。↓

賑やかな都会の片隅。ビル街の隙間にまぎれて、とある石碑が建っています。石碑には【人参畑塾跡】と刻まれている。↓

この地はかつて福岡藩の薬用人参畑だったとのこと。その人参畑で、高場乱(おさむ)という女性が「興志塾」という塾を開いたことから【人参畑塾】。↓

石碑の書は玄洋社創設で知られる「頭山満」によるものだそう。↓

そんな高場乱という人物について、私は色々と知ってみたくなりました。↓

wikipediaの【高場乱】の項そして他のサイトなども一緒に参照します。↓

高場乱は1831年に眼科医の娘として生まれ、家を継がせるために父親から男性として育てられました。もとの名は高場乱子だったけれど、男として元服し高場乱となります。また16歳で結婚するも離婚。

それから高場乱20歳のときに↓

広瀬淡窓らとともに、亀井南冥と彼の息子が開いた「亀井塾」で儒学を学びます。

亀井南冥は『金印弁』そして「西学問所」で知られる儒学者です。(→金印は今日も怪しく輝くのか【浄満寺】

のち明治6年(1873)高場乱42歳の時↓

【人参畑塾】とよばれる『興志塾』を開きました。『玄洋社』で知られる頭山満や中野正剛、広田弘毅といった名だたる人が、この塾で学び高場乱の影響を受けたとされます。

頭山満はもともと眼の治療のために高場乱の元を訪れたのだそう。現在、西新緑地には彼が植えたという楠木があり↓

また彼が創設した玄洋社跡は、福岡市中央区舞鶴のビル前に碑が立っています。↓

勤王の歌人で知られる野村望東尼ともつながりがあった!?というお話があったり。(→おもしろきこともなき世をおもしろく【野村望東尼】)↓

『福岡の変』では、弟子が多く関わっていたため、高場乱自身も疑われて捕えられたり。

そんなエピソードが語る豪放磊落なイメージとはうって変わって、実際は身体が弱く華奢な姿だったともいいます。



そして晩年のこと。

明治22年(1899)に、弟子の来島恒喜が、外務大臣だった大隈重信を暗殺しようとテロを起こすも失敗し自害。

そんな荒れ狂う世情の中、明治24年(1891)、高場乱は病に侵された自身の治療を拒み、その激動の生涯を終えたのでした。

高場乱の墓所は博多区千代の「崇福寺」にあって↓

弟子の来島恒喜↓

頭山満と並んで↓

静かに眠っています。↓

こちらの墓碑銘「高場乱先生の墓」は、勝海舟が書いたものなんだそうです。


【人参畑塾趾】

福岡市博多区博多駅前4丁目4-21