君にはその音が聞こえるのでしょう【三隅神社】

先日、福岡市東区の馬出地区をぼんやり歩いていたら↓

ちょうどすれ違った二人組がいて、一瞬だけ会話が聞こえたんです。それはこんな具合。

「ゴンゴンですよ、もうゴンゴン」

その怪しげなワンフレーズだけを残し、そのあとに続く言葉は風の中に消えていったのであった。

なにがゴンゴンなのか、ゴンゴンとはなんなのか。

 

聞き慣れないオノマトペに想いを馳せていると、ふと通り沿いに鳥居を見つけましたので↓

さっそく近づいてみることにしましたよ。こんにちは。↓

扁額には『正一位三隅神社』。ここは三隅神社。↓

続いて参道を歩いていくと、鳥居がどどどどどっと続いていて↓

ちょっと振り返ってみるとこんな景色。↓

境内にはなにかしらの碑が立っていたり↓

こちらは手水舎。↓

どもども。↓

どもどもども。↓

社殿。↓

本殿。↓

拝殿の神額には「高倉神社」「三嶋大明神」「三角大明神」「権九郎大神」。なんだか豪華。↓

由緒書きや案内板などは見当たりません。

おや、こちらにも鳥居が。↓

扁額には「高原神社」とあって↓

右のところに説明書き。↓

読んでみると↓

高原宮は三角神社神殿に合祀しています

高原宮とは、先述の神額にあった高原神社でしょう。ということはあと2つ鳥居がある!?さっそく境内を探し歩いてみると、も一つ鳥居を発見。↓

鳥居の扁額には「椿九郎大明神」。↓

同様に説明書きがあって↓

こうありました。↓

椿九郎宮は三角神社に合祀しています

なるほど。とすると残すは1社。それはこちらの↓

三嶋大明神。の扁額そして↓

説明書き。↓

読んでみると、もちろん↓

三嶋宮は三角神社に合祀しています

である。

つまり、ここ三隅(角?)神社には「高倉神社」「三嶋大明神」「権九郎大神」の3社が合祀されていて、現在はそれらの鳥居だけが残されているんだよ、ということなのでしょうか。

詳細が分かりませんから、あくまで推定ということで、よろしくお願いします。え待って。これがゴンゴン!?


【三隅神社】

福岡市東区馬出1丁目20-21