おもしろきこともなき世をおもしろく【野村望東尼】

福岡市中央区平尾の『筑肥新道』に出ている案内板のところから、住宅街の中へと入っていきます。↓

すると山荘通りの一角にきれいに整備してある広場があって

その片隅に古い木造建築が建っている。

こちらが『野村望東尼山荘跡』。野村望東尼っていうのは女性の名前で、読み方は「もとに」もしくは「ぼうとうに」。

ここに住んでいた望東尼の山荘がなぜ今も整備されて残っているのか。そして望東尼っていったいどなた!?

私はお話を聞いたり調べてみたりしてみました。↓

野村望東尼は福岡藩士の二女として生まれます。もとの名前は「浦野もと」。17歳で結婚したあと離縁し、野村新三郎貞貫と再婚したので名前は「野村もと」に。

こちらは福岡市中央区赤坂の坂の上にある『野村望東尼生誕地』の石碑。↓

また幼少期より多方面に才能をのばしたそうで

特に歌詠みに力をいれました。大隈言道を師とし、歌を詠むことが生活の一部だった

とのこと。

夫婦二人はようやく暮らしが落ち着いた頃に、こちらの山荘で隠棲生活を楽しんだといわれています。↓

その後、望東尼は夫と死別。将来を案じた彼女は博多区にある『明光寺』で剃髪し仏門に入ることにしました。『招月望東禅尼』の誕生です。望東尼54歳。

『明光寺』。↓

そんな彼女を、時代の不穏な空気が襲います。押し寄せる外国艦隊、倒幕運動。尊王攘夷の大きなうねりが望東尼の元へもやってきたのでした。

歌の師である大隈言道を訪ね上洛した際、時代の喧騒を肌で感じた望東尼は帰福後、幕末の志士たちと積極的に関わっていきます。

若き革命家たちを山荘に匿い支援し応援する。こうしたことが福岡藩には非常に迷惑。

結局、望東尼は『乙丑の獄』と呼ばれる勤王派弾圧事件において、姫島へ幽閉されてしまうのでした。が、無事に脱出。

その手筈を整えたのが高杉晋作だったのではといわれています。この事件の後、望東尼は山口県で匿われることになりました。

そしてその地で、病に侵されていた高杉晋作の最期を看取ります。高杉晋作29歳。望東尼62歳。

それから数か月後、望東尼もまた、三田尻(現山口県防府市)にて波瀾万丈の一生を終えたのでした。

『おもしろきこともなき世を面白く 住みなしものは心なりけり』。

高杉晋作の有名な歌として知られていますが、下の句のほうは望東尼が詠んだのではという説もあるそうです。

また、望東尼のお墓は山口県防府市『大楽寺』、そして福岡市博多区『明光寺』にあるとのこと。『明光寺』↓。


(→お洒落な窓だと気分があがる【明光寺】

※こちらの書籍を参照しました。↓


【平尾山荘】

福岡県福岡市中央区平尾5丁目2−28

【生誕の地】

福岡市中央区赤坂3丁目4−58

【明光寺】

福岡市博多区吉塚3丁目8