火の元まじ注意【西学問所(甘棠館)跡】

以前訪れた成道寺の近くで、たまたま【西学問所(甘棠館)跡】の石碑を見つけました。

黒門川通りから少し入った細い道の脇にひっそり建っている。
石碑の隣りの赤が映える神社は『八橋神社』です。

【甘棠館】は福岡藩が藩の子弟教育のために設立した藩校で「かんとうかん」と読みます。

甘棠とはりんごの木のこと。かつて為政者がこの甘棠の下で立派な行いをしたという故事があるみたい。

wikipediaの藩校で調べてみると、福岡藩には藩校が4つあったようです。
そのうち新設された【甘棠館】が西学問所で【修猷館】が東学問所。どちらも1784年の創設です。

【甘棠館】は亀井南冥が館長で、修猷館は竹田定良が館長。それぞれ徂徠学派と朱子学派ということでライバル関係。

亀井南冥は自由や自主性を重んじて大変人気があり、多くの人材を輩出したとのこと。



ですが、1790年の寛政異学の禁(朱子学以外は禁止だよという幕府のお達し)のため、亀井南冥は失脚。さらに1798年には【甘棠館】の学舎が火事で焼失。

その後再建されることなくわずか14年の歴史で廃校となったのでした。

【甘棠館】が創設された1784年は金印が発見された年でもあります。
亀井南冥は『金印弁』を著し金印の正当性を訴えました。

また【甘棠館】から離れたあとは亀井塾を開き、人材育成に努めました。

が、が、が。今度は自宅が燃え、その燃え盛る炎の中で72年の人生を終えたのでした。

福岡市中央区地行にある『浄満寺』には、亀井南冥・その長男の昭陽をはじめとする亀井家一族のお墓があります。


【西学問所(甘棠館)】

福岡市中央区唐人町3丁目3−2

【浄満寺】

福岡市中央区地行2丁目3−3