小戸ってみた02/02【小戸大神宮】

前回の続きとなります。(→小戸ってみた01/02【小戸大神宮】

【小戸大神宮】を訪ねてみたくて、私は小戸公園へやってきました。↓

そして、鳥居の前で佇んでいるわけです。↓

それでは鳥居をくぐって階段をのぼります。↓

すると階段手前に由緒書きがあったので↓

読んでみるとこんな具合。↓

ご祭神は「天照皇大神」「手力雄命」「栲幡千々姫命」。【小戸大神宮】は神代の昔、伊邪那岐命が御禊祓の神事を行った尊い地であり、天照大皇神を始め住吉三神他、神々がご降誕され、神功皇后のご出帥及凱旋上陸された由緒深い神社です。

とのこと。ご出帥そして凱旋のお話は福岡市東区の名島にもありました。伝承ですから。↓

では階段をのぼります。つまり参道を進みます。すると今度は観光案内図があって↓

小戸大神宮についてはこうありました。↓

境内には安産石、鎧掛け松等があり、近くの海岸には戦勝を祝った御膳立(岩の形)がある。

階段途中にまず拝殿があって↓

そこからさらにのぼると本殿。↓

その右に「修復奉納」とかかれた境内社。↓

左には「安産石」。↓

こちらは、妊娠中の神功皇后が三韓出征より凱旋した際に腰掛けた、という伝承のある岩なんだそうです。

せっかく天気も良いですので、もう少し小戸公園内を散策してみましょう。↓

公園を奥まで進んでみると↓

あの上が妙見岬。↓

そして砂浜には「高圧ケーブルが埋設されています。」

これは穏やかではないので、右へ進みます。↓

するときれいに整備してある広場があって↓

反対側は海。能古島。↓

この景色を高いところから見たいので、さきほどの妙見岬にも行ってみることに。こちらの鳥居をくぐって上へ進むと↓

 

ほらほら、風光明媚。↓

ヨットがぼんやり浮かんでいるよ。


【小戸大神宮】

福岡市西区小戸2丁目6