名島城を探してみたけど 1/4【西鉄名島駅】

東区名島にある【名島城址】を訪ねてみました。

名島城というのは、もともとは立花氏当主の立花鑑載(あきとし)が立花山城(新宮にあったお城)の出城として16世紀半ばに築城したのがはじまり。

のちに、九州平定を果たした豊臣秀吉が小早川隆景に筑前国や近隣諸国を与え、隆景はこの出城を【名島城】として改修し居城。

その隆景は養子の小早川秀秋に家督をゆずり、秀秋が【名島城】の城主になります。

関ヶ原の戦いで加増転封された秀秋は岡山へ移り、【名島城】には豊前国(大分)から黒田長政がやってきたのだ!!

だけど、立地の問題で【名島城】を廃城にして【福岡城】を築いたのでした。

というのが、ざっくりした流れでしょうか。

では『西鉄名島駅』からスタートしたいと思います!!↓

まず駅前の3号線の向こうに見える小道を進むと↓

左手に【岩見重太郎生誕之地】があって(→ヒーローはわりと旅に出がち【岩見重太郎生誕之地】

その右奥の小道へ入ると↓

『潮汲み道』。「山道の崖下が海で潮汲みの場所であった」との記載。↓

すぐ先には名島(三の丸)団地。↓

その名の通り【名島城】の三の丸の跡だそうで、石碑もありました。↓
もうすでに名島城。

次は二の丸を目指します。

【名島亭】(→歩き疲れた日のラーメン【名島亭本店】)から↓

【名島運動公園】(→あるけばあるくほど日がしずむ【名島火力発電所跡】)へ進み↓

通り右手にある小さな坂を上る。↓

案内板には『羽衣台道』とあって「名島城のはるか以前に渡来人が住んでいた。その渡来人の衣装に因んだ名(二の丸跡)」との説明書き。↓

この辺りが二の丸跡ってことでしょうか。先まで上ってみたけれど、石碑なんかは見つかりませんでした。↓

さて、残すは本丸跡!!現在【名島城址公園】として【名島神社】の隣に整備してあるのだそう。



城浜団地の【名島水上飛行場跡】(→リンドバーグ『ここは名島ですか』【名島飛行場跡】)を過ぎて

城浜小学校の向こうが名島海岸。↓

右に妙見島(!)を見つつ(→神功皇后も秀吉も隆景も名島に集合【妙見島】

帆柱通りを左へ進みます。↓

【帆柱石】や【縁の石】があってからの(→3500万年前はピンとこない【帆柱石】【縁の石】

名島神社の鳥居!!到着です!!ふぅ、疲れた。↓

では【名島神社】そして本丸跡へ向かいます。が…

続きは次回ってことで。よろしくどうぞ。お疲れ様でした。
名島城を探してみたけど 2/4【名島神社】


【西鉄名島駅】

福岡市東区名島3丁目90