あるけばあるくほど日がしずむ【名島火力発電所跡】

東区の名島の地にかつて、東洋一といわれた発電所があったそうなんです。

それが【名島火力発電所】。

1920年に設立されて、電力需要の増加に応えるべく運転を始め↓

九州電力に引き継がれたのち、合理化のため1960年に廃止されたとのこと。

ちなみに、現在の『名島橋』の架設は1933年で(→ゆるやかなカーブを過ぎたらそこは【名島橋】

また、『水上飛行場』は1930年から1934年まで開設されていたといいます。(→リンドバーグ『ここは名島ですか』【名島飛行場跡】

それはつまり、『名島橋』に立って、そこから『水上飛行場』と『火力発電所』を一緒に見ることができた、そんな時代もあったということですよね。

発電所があった場所というのは、現在の『名島運動公園』で↓

火力発電所へ石炭を運ぶための引き込み線が、こちらの通りから↓

運動公園へと続く↓

『引き込み線通り』。

ひょっとして貝塚交通公園にあった機関車は、ここで使われていたものかしら(→ゴーカートに乗りたい気持ちは永遠【貝塚交通公園】

すぐそばにある『名島西公園』の片隅に

名島発電所跡の碑が、ひっそり建っていて↓

碑のそばには、当時の姿を刻むプレートもありました。↓

また、漂流の俳人として知られる種田山頭火は、1930年12月に名島を訪れたのだそうです。↓

その時は、現在の『名島橋』はまだ架設されていないけど、『名島水上飛行場』と『名島火力発電所』を山頭火はきっと目撃していたはず!!(完)


【名島火力発電所跡】

福岡市東区名島1丁目22