歩き疲れた日のラーメン【名島亭本店】

東区名島の界隈は、見たい史跡が多いのだけれど、ことあるごとに道を間違えてしまい辛かったです。

そんな中、私はラーメンを食べに【名島亭】へ向かったのでした。

3号線を「引き込み線通り」に沿って歩いていくと、しばらくしたところに【名島亭】。

そばには、名島運動公園(→あるけばあるくほど日がしずむ【名島火力発電所跡】)↓や

岩見重太郎の碑(→ヒーローはわりと旅に出がち【岩見重太郎生誕之地】)がある、そんな場所。↓

お店入り口にさっそく漂う、ほんのり豚骨臭。私の口はもうラーメンの口になっている。

では店内へお邪魔します。

こっちにもスペースがあって、外観よりも結構広い感じがします。↓

メニューをざっとチェックして、豚骨ラーメン(550円)を注文。カタメンで。

お昼すぎの遅い時間でしたので、お客さんはまばらでしたが

人気店ということだそうですので、普段のお昼時はきっと大変なことでしょう。

では、いただきます。↓

豚骨の匂いはしっかりするけれど、スープはそんなにコテコテではなくてあっさり。

薄めっていうか優しいお味。チャーシューもおいしかった。

王道っていうんですか、オーソドックスな博多ラーメンだと思いました。

では替え玉(100円)を。↓

【名島亭】の創業は昭和62年だそうで、こちらが本店。

お店の看板にある『築炉釜出し』とはなんぞやと思って、お店のsnsを見てみると

築炉釜で炊き上げる豚骨ラーメンは、あとからしみじみ美味い、やまびこのような一杯。

というキャッチフレーズが。またお店のHPには

スープは豚骨100%で、久留米ラーメンでよく見られる手法である「呼び戻しスープ」によって、釜を空にすることなく、減った分の出汁を継ぎ足してコクを重ねる。豚骨を炊くのは久留米で作られた五右衛門釜。火力が強く、保温性が高いが、その反面、わずか10分でも目を離すと風味が失われてしまう。これを巧みに使いこなし、豚骨本来の旨味を凝縮させる。

とのこと。(名島亭HPより引用)

歩き疲れた身体に染みました。満足満足。

パワーがみなぎってきたけど、満腹で眠たくなったまである。


【名島亭】

福岡市東区名島2丁目41-7