名島城を探してみたけど 2/4【名島神社】

前回の続きです。(→名島城を探してみたけど01【西鉄名島駅】

今回は、【名島城】の「本丸跡」を目指したいと思います。「本丸跡」は、現在【名島城址公園】として整備してあり、【名島神社】の境内から訪ねることが出来るらしいんです。

ですので、名島海岸そばにある【名島神社】の「一の鳥居」からはじめます。

鳥居をくぐったら、いきなりちょっと寄り道です。鳥居のある通りを左へ進むと↓

すぐそばに、帆柱石を見に行く途中に見た祠があるんだけど↓
(→3500万年前はピンとこない【帆柱石】【縁の石】

どうやらこちら【名島神社】の古宮なのだそう。↓

もともと【名島神社】は「神宮ヶ峯山(現在、名島神社があるこの城山)」の山頂に鎮座していたけれど、小早川隆景による【名島城】改築のため、浜辺へ移されて↓

のちに【名島城】が廃城となってから、現在の場所へ遷座されたとのこと。
名島神社HPを参照)

では、階段前に戻ります。こちらは木製の「二の鳥居」で↓

そばには『庚申大福神』。↓

階段を上って↓

参道を過ぎると↓

こちらが【名島神社】の社殿。↓

そして社務所↓

右へ行くと【宗栄寺】がある。↓

ここ【名島神社】は、江戸時代まで【名島弁財天社】と呼ばれていて↓

中世には七福神の信仰が盛んになり、宗像三女神の市杵島姫命が弁財天と同一視された事から、名島神社は「名島弁財天社」となり、足利尊氏や豊臣秀吉などの時の権力者の参詣も受けて来ました。(名島神社HPより)

その後1868年の神仏分離令によって【名島神社】となり、弁財天はこちらの【宗栄寺】に移されたんだそうです。



手水舎で↓

休憩所があって↓

そして本殿↓

【名島神社】のご祭神は宗像三女神(市杵島姫命・湍津姫命・田心姫命)。

神功皇后が、三韓出兵の折に宗像三女神に無事を祈願し、凱旋した際に祈願成就のお礼として奉ったのが【名島神社】の始まりだといわれています。

宝篋印塔↓

こちらは狛犬ならぬ狛魚。↓ 

四神(玄武・白虎・青龍・朱雀)の姿も。↓

拝殿をのぞいてみると宗像三女神。↓

また、社殿の裏へ廻ってみると【名島豊川稲荷神社】が鎮座しています。↓

こちらは五穀豊穣・商売繁盛の神さま。

拝殿があって↓

そのさらに先には「奥の院」。↓

他にも【名島神社】境内には、境内社の『大黒天社』や↓


 
『恵比須社』。↓

こちらの『妙見社』は、かつて妙見島に祀られていたのだそうです。↓

で、で、で!!お目当ての【名島城址公園】入り口。それはつまり【名島城本丸跡】へと続く階段でござる。↓

いよいよ私この階段を上るんです!!ほんとお願いします!!頼みます!!次回に続く!!
続きはこちら(→名島城を探してみたけど 3/4【名島城址公園】


【名島神社】

福岡市東区名島1-26