そっと通り過ぎたばかりなので【加藤司書屋敷跡】

先日、福岡市中央区の赤坂地区を訪ねましたので、そのお話です。

というのも、以前に記事で触れたことのある加藤司書の屋敷跡(加藤家下屋敷跡)!?が、赤坂の地にあると聞き

ふーん見てみたいなあと思ったのであった。ちなみに下屋敷というのは別邸のことだそうです。こんにちは。

加藤司書というのは江戸時代に活躍した人物で、福岡藩の家老。勤王の武士として良く知られており

最期は勤王派弾圧事件「乙丑の獄」にてその生涯を終えたのでした。

私はこれまでにも、加藤司書にまつわるいくつかの場所を訪ねたことがあって、その以前の記事はこちらからどうぞ!↓

例えば『西公園』(↑)だとか

それから『枡木屋跡』(↓)

さらに

『節信院』(↓)、そして

そのつながりで

『天福寺』(↓)また、

南区に鎮座する

『高宮八幡宮』(↓)も。

また、「乙丑の獄」についてはこちらの記事も(↓)。

ではそろそろ本題に。

いざ加藤司書の屋敷跡を訪ねてみることにしましょう。まずは目印となる大きな通りからスタート。

通りの名は城南線。薬院の街を突き抜ける城南線の坂を上っていくと↓

上った先には地下鉄七隈線の桜坂駅があって↓

そこから今度は北へ向けて桜坂桧原線(はなみずき通り)を下っていきます。↓

下っていく通りの途中からちょっと小道へ入っていくと↓

通りの先に大きな邸宅があって↓

その手前のところにはこんな石碑が立っていたのであった。↓

「水神」と記されているっぽい。なんなんでしょうか。とにもかくにも屋敷跡(下屋敷跡)に到着です。お疲れ様でした。

 

さて。ちょっとここで、書籍「古地図で歩く福岡」から参照させていただくと↓

桜坂という地区は、江戸時代には戦のための馬を育てる馬場や軍事訓練を行う施設が多くあった。また谷の険しい土地であり足軽が多く住んでいた

とあります。なるほど確かに!この辺りは、坂道が多くて大変そう。

また、屋敷跡入り口の右の草の奥にも石碑が立っているのがちらちら見えていて↓

だけど近づくわけにも行かないし。いったいなんて記されているのだろう。↓

気になるけど仕方ありません。見なかったことにしたい。見なかったから。次回に続く。↓


【PR】猿 置物 見ざる 言わざる 聞かざる

【加藤司書屋敷跡】

福岡市中央区桜坂2丁目9-6