会えないうちが一番楽しい梵鐘【観世音寺02】

前回の続きです。(→紫陽花の花言葉は移り気【観世音寺01】

福岡県太宰府市の【観世音寺】を訪ね、その境内をしばらくうろうろと徘徊していたわけですが↓

いよいよ梵鐘とのご対面タイムがやってきました。↓

実はね、私はこの梵鐘について、あちこちで噂を聞いていたんです。それはこんな具合。↓

【糟屋郡】を訪ねた時には、【観世音寺】の鐘と「京都妙心寺」の鐘が兄弟鐘であることを知り(→夢の跡といっても過言ではない【阿恵官衙遺跡】)↓

【榎社】を訪ねた時には、菅原道真公が榎社で寂しく【観世音寺】の鐘の音を聞き、そして歌を詠んだというお話をききました。(→都府樓纔看瓦色  観音寺只聴鐘聲【榎社】)。↓

また、先日訪ねた【太宰府歴史スポーツ公園】の園内には、【観世音寺】の梵鐘をモチーフにした時計塔がありました。(→たまには一人運動会でも【太宰府歴史スポーツ公園】)↓

そんな鐘が、今私の目の前にある。しかも日本最古の梵鐘だっていいます。そして案内板にはこう書かれている。↓

7世紀末に鋳造された日本最古の梵鐘。大鐘を貢上したという『日本書紀』の682年の記事は、これを指すともいわれています。901年に大宰府に左遷された菅原道真が『府の南館』で詠んだ漢詩『不出門』に、「都府楼はわずかに瓦の色をみ、観音寺はただ鐘声を聞くのみ」とあるのは、この鐘のこと。

こちらにも案内板があって↓

こうありました。↓

この梵鐘は京都の妙心寺の鐘と兄弟といわれ、その古さにおいても優秀さにおいても日本一。糟屋郡多々良で鋳造されたと伝えられています。

さらにこっちには「日本の音風景100選」。サウンドスケープ。↓

では階段をのぼってご対面ってことで。↓

それな。もう一回言いたい。それな。↓

つまりここにはないよってこと。↓

会えないのは仕方ありません。じゃあ、この梵鐘がどういうものだったのか、ネットで調べてみました。↓

突く位置が普通の鐘よりも高い位置にあり、「忍冬唐草文(にんどうからくさもん)」という模様が施されています。

とのこと。ご対面はお預けだけど、それはつまり、楽しみが増えたともいえるのだ!!

次回はいよいよ宝蔵へ。こっちも閉まってたりしてね。

あるある。


【観世音寺】

福岡県太宰府市観世音寺5丁目6-1