私の燃える想いに比べない【枡木屋跡】

福岡市中央区唐人町の「よかトピア通り」から、路地に入って通り抜けようとしていたところ

小さな公園(唐人町北公園)があって、その園内に案内板がありました。↓

さっそく読んでみたいと思います!!

慶長12(1607)年、福岡藩はこの付近に藩内の穀物を量る枡の製造、検査を行う枡木屋(ますごや)を設置しました。

つまり!福岡城の西の出入り口『黒門』に近いこの辺りに、かつて『枡木屋』があったということ。

福岡藩では、年貢米を「納め枡」家臣の俸禄給を「御国町枡」と呼び、領内に2種類の枡を定めていました。

だけどのちの寛文9(1691)年に、江戸幕府が枡の大きさを統一します。

そこで福岡藩は幕府に従い、「京枡」の仕様を領民に命じました。

で、なんですけど…。

ここ『唐人町北公園』がある辺りは枡木屋があって枡木屋町と呼ばれ、その枡木屋町にはかつて囚人の獄舎もあったらしいんです。

安政6(1861)年、那珂川の河口にあった獄舎が、ここ『旧枡木屋町』に移転してきたとのこと。

慶應8(1865)年には、幕末の福岡で起こった勤王派の大粛清『乙丑(いっちゅう)の獄』にて逮捕されたうち14名が、ここ枡木屋の獄(のそばの海)で処刑されたのだそう。

『乙丑の獄』っていうのは↓

幕府側と反幕府側で揺れる幕末の世情において、福岡藩主黒田長溥は佐幕の立場をとりました。そして藩内の尊攘派勤王派を弾圧したのです。

藩士の月形洗蔵らは斬首、家老であった加藤司書らは自刃、また野村望東尼らは流罪となったのでした。

また、wikioediaの『乙丑の獄』の項には

1865年、藩士ならびに関係者140名以上が逮捕され、加藤・建部以下7名が切腹、月形・海津以下14名が桝木屋(福岡市中央区唐人町)で斬首(うち1名は脱獄するものの力尽き、那珂川から箱崎松原(同市東区箱崎松原)に漂着した遺体を斬られた)、野村望東尼以下15名が流罪という大弾圧が繰り広げられた。

福岡の勤王志士で知られる平野國臣もまた、枡木屋の獄に投獄されたけれど、のちに出獄。最期は京都で投獄され処刑されてしまいました。

その平野國臣を祀る神社がこちら【平野神社】で、中央区今川の明治通り沿いに鎮座しています。↓

「平野國臣生誕之地」碑。↓

そして「平野國臣君追悼碑」。↓

また『月形洗蔵』の住居跡は赤坂の坂をあがって↓

『野村望東尼』の生誕跡地碑の(→おもしろきこともなき世をおもしろく【野村望東尼】)↓

すぐ近くにあります。↓

【桝木屋跡】(唐人町北公園)

福岡市中央区唐人町3丁目3