唐津街道(一部)を辿ってみた11【綱敷天満宮】

前回の続きです。↓

前回、福岡市東区の『箱崎宿』を出発し、御笠川手前にある『石堂地蔵』まで辿り着きました。↓

今回もはりきって唐津街道を辿っていきますよ。こんにちは。

3号線千代3丁目の交差点を渡って↓

左を見やると、そこには『濡衣塚』が。↓

ずいぶん前のことになりますが、こちらを訪ねたことがあります(↓)。

それでは、御笠川に架かる↓

「石堂橋」を渡ります。↓

渡った先には↓

夢野久作の墓地がある『一行寺』、そして

通りの右手には↓

閻魔堂で知られる『海元寺』(↓)。

通り左手先には

『選擇寺』が見えてきました(↓)。

以前『選擇寺』を訪ねた際、お堂の見学ができませんでしたので、今回ちょっとだけ失礼して。

あちらが「木造阿弥陀如来立像」でしょうか!?

ありがとうございました。では先へ進みましょう。

んんー?読めん!↓

官内筋。↓

向かいが佐野近世邸跡!そう、佐野近世とは『濡衣塚』の主人公の父のこと。しっかりして!頼む!↓

説明書きによると、通りの右側辺りに住んでいたみたい。↓

『旧上浜口町』。あとは読めない。悲しい。↓

そうこうしているうちに

唐津街道は『大博通り』と交差することに。ですが

このまま真っ直ぐには進むことができせんので、迂回することに。

そしてさらに続く通りを、途中で左の区画に入ってみたり、入らなかったり、

 

うろうろおろおろしながら突き進んでいきます。地図で確認するとこういう具合。↓

『旧綱場町。綱輪天神を中心に博多最初の商家が集る』

ちなみに→『この石材は西鉄市内電車の敷石として使用されていたもの』とのこと。↓

そして右手に鎮座するのが↓

『綱敷天満宮』。↓

こちらも以前に訪ねたことがありますが(↓)

お久しぶりってことで、ちょっと寄ってみることにします。

下土居町。↓

手水舎。↓

拝殿。↓

本殿。といったところで↓

街歩き再開です。

左角に石碑が2つ。そのうちの一つは

『旧麹屋番』。江戸時代、酒や麹の商家があったとのこと。そしてもう一つは『史跡博多郵便取扱所址』。

ちなみに今現在歩いている唐津街道の道は、日田街道(↓)を辿るルートと被る形で、同じように福岡城下まで続くのでした。丸かぶり。

今回はここまでです。博多区綱場町まで辿り着きました。

また次回にお会いしましょう。続きはこちらで↓


【PR】米こうじ 手づくり甘酒用

【綱敷天満宮】

福岡市博多区綱場町5-7