祟られない生き方【綱敷天満宮】

歓楽街で有名な中洲にほど近い、福岡都心部のビルの狭間にあるのが
『綱敷天満宮』です。

つなしきと読みます。

天満宮ということで、ご祭神は菅原道真。学問の神様ですね。

菅原道真は藤原時平によって大宰府に左遷され、その後悲しみにくれた人生を過ごしました。



大宰府への左遷の道中で道真公が立ち寄った場所が、各地にいくつも伝えられています。

この『網敷天満宮』もその一つ。

博多の袖港(そでのみなと)に道真公が上陸した際、この地の漁師が舟の綱を輪にして、その輪を使って敷物を作り道真公を出迎えたというのが由来。

そのため、最初は『綱輪天神』とよばれていたとのこと。

その後、綱輪(つなわ)がなまって綱場(つなば)に。

綱場は現在も綱場町としてその名を残しています。

袖港は博多リバレインがある博多川の辺りとのこと。

側には「渡唐口跡」の石碑。

この場所は後に平清盛によって、日宋貿易の人工港として整備されたともいわれています。
(その時代にはすでに埋め立てられていたという話も)

また、福岡県築上郡築上町にも『綱敷天満宮』があるのだそう。
そして由来もとても似ています。

嵐に見舞われた道真公を地元民が綱を敷いて出迎えたというお話。

道真公は結局、失意のうちに亡くなるわけですが、その死後に天変地異が頻繁に起こりました。また、道真左遷の関係者が続々と亡くなったのです。



人々はそれを「道真の祟りが天に満ちた」と考え、道真公をお祀りしたのが天満宮。

祟りってまじやばい。

【綱敷天満宮】

福岡市博多区綱場町5-7