できることならば祟らないで欲しい【綱敷天満宮】

先日、福岡市博多区の綱場町に鎮座する【綱敷天満宮】を訪ねました。「つなしき」と読むんだそう。

福岡都心部の、少し通りを入った街の狭間に鎮座していました。

『天満宮』ということなので、ご祭神は「菅原道真、道真公」。



その道真公は、藤原時平の謀略によって大宰府に左遷され、残された人生を悲しみにくれて過ごしたと伝えられています。

大宰府へ下る道中に道真公が立ち寄ったとされる場所は数多くあって、それらは現在も史跡としてあちこちに残っています。【網敷天満宮】もその一つ。↓

博多の袖港(そでのみなと)に道真公が上陸した際、地元の漁師が舟の綱を輪にして敷物を作り、道真公を出迎えたのです。

そんなエピソードから、『綱敷』という言葉が生まれたんだそうです。ちなみに初めは『綱輪』天神ともよばれていたとのこと。↓

時代とともにその『綱輪(つなわ)』がなまって、「綱場(つなば)」になって

『綱場町』になりましたよと。これが、現在も使われている町名のルーツとありました。

さて、道真公が上陸したという『袖港』は、現在の「博多リバレイン」がある辺りとされていて↓

その場所には現在「渡唐口跡」の石碑が建っています。(→やつれ姿のかすむ春かな、かな!?【鏡天満宮】

道真公はといいますと、この地からさらに大宰府へ向かって下っていき

そして「榎社」にて失意のうちに最期を遂げるわけですが、その死後がなんとも恐ろしい。道真公を左遷した関係者が次々に死んでいき、世は乱れに乱れたのでした。

まるで道真公の祟りが天に満ちたようだわ!!とかいって、人々はびびりまくっている。(→都府樓纔看瓦色  観音寺只聴鐘聲【榎社】

そんな怒り狂っている(と思われる)道真公に対して、どうか勘弁してくれない!?とお祀りしたのが『天満宮』だそう!?

このお話を聞いて、私にはちょっとぴんときたことがあるんです。

それはつまり、温厚な人ほど、怒らせると怖い!!そして、温厚な人が怒ったら、お祀りすればなんとかなるかもしれない!!

【綱敷天満宮】

福岡市博多区綱場町5-7