できることならば祟らないで欲しい【綱敷天満宮】

歓楽街で知られる中洲にほど近い、福岡の都心部。
少し通りを入ったビルの狭間に鎮座しているのが【綱敷天満宮】です。「つなしき」と読む。

『天満宮』ということなので、ご祭神は菅原道真。そう学問の神様です。

藤原時平によって大宰府に左遷された道真公は、悲しみにくれた辛い人生を過ごしたと伝えられています。



その大宰府への左遷の道中に道真公が立ち寄ったとされる場所が、現在も史跡としていくつか残っているわけですが、『網敷天満宮』もその一つ。

博多の袖港(そでのみなと)に道真公が上陸した際、地元の漁師が舟の綱を輪にして敷物を作り、道真公を出迎えたのだ!!

そんなことから、元々は『綱輪天神』ともよばれていたらしい。

時代とともに「綱輪(つなわ)」がなまって、いつの間にか「綱場(つなば)」になって

『綱場町』になったという、そんな名前の由来だそうです。

さてさて。道真公が上陸したという『袖港』は現在の『博多リバレイン』がある辺りらしく

そこには現在「渡唐口跡」の石碑がある。

この地は、平清盛が日宋貿易の人工港として整備したとかいうお話もあるのだとか。(その時代にはすでに埋め立てられていたという説もある)



この地から上陸し、さらに大宰府まではるばる流された道真公。

失意のうちに最期を遂げるわけですが、その死後が恐ろしい。世は乱れに乱れ、道真公を左遷した関係者は次々に死んでいくという…。

まるで道真の祟りが天に満ちたようだな!!とかいって人々はびびりまくっている。

これはなんとかしないといけない。
怒り狂っている道真公に、どうにか勘弁してくださいとお祀りしたのが『天満宮』。

これはつまり、普段は温厚な人ほど怒らせると怖いってことか!!
逆にいえば、温厚な人が怒ったら、お祀りすれば良いかもしれない!!

【綱敷天満宮】

福岡市博多区綱場町5-7