涙の数だけ紫陽花が咲く【選擇寺】

【選擇寺】は1574年(天正2年)に行誓覚公和尚が創建した浄土宗のお寺で、

お寺の名前の『選擇(せんちゃく)』という言葉は「悪を除き善を選び出す」という意味らしい。

この【選擇寺】の近くには、かつて『柳町』と呼ばれる遊郭がありました。(旧大浜小学校のあたり)

明治中期に遊郭が新柳町(中央区清川)へ移転するまでは、【選擇寺】は柳町遊郭の旦那寺のひとつとして、落命した遊女の投げ込み寺となっていたのだそうです。

お寺の過去帳には、100年以上にわたり約580人もの遊女の名が記されているといいます。

その遊女の一人『雪友』の墓が、現在もここ【選擇寺】の本堂の裏にあります。

おゆき(雪友)は柳川で生まれ、1861年に19歳で亡くなりました。



彼女は生前、母のために貯めたお金と大鐘を寺に寄進したことで、母とともに本堂裏手のお墓に葬られることになりました。

墓石には母の戒名の隣に『観月智光信女』と刻まれています。↓

6月中旬の命日には『紫陽花忌』として、かつて無念のうちに消えていった遊女たちの供養が、毎年行われているとのこと。

【選擇寺】は博多区中呉服町にあって、ご本尊は木造阿弥陀如来像。こちらは平安時代後期に造られた大変貴重なものなのだそうです。

【選擇寺(せんちゃくじ)】

福岡市博多区中呉服町9-21