ブウウーンってなに【夢野久作・一行寺】

0
ブウウーンってなに【夢野久作・一行寺】

夢野久作は福岡出身の作家です。代表作は『ドグラマグラ』。
タイトルがもう怪しさの極みです。この作品は日本の「推理小説三大奇書」の一つとされています。

さて、そのドグラマグラ。私がおおざっぱに要約してみますと!!

記憶を失った主人公が精神病院で目を覚ます。
若林博士の助言を得ながら、なんとか記憶を取り戻そうとする主人公。
さらに殺人事件の容疑もかけられているが、その真相やいかに!!
胎児の夢?は??脳髄!?え?

というあらすじ。

どうですか。分かりますか。分かりませんね。私も自分で言ってて分かりませんから!!
うまいことウィキペディアから引用しましょう。

大正15年頃、九州帝国大学医学部精神病科の独房に閉じ込められた、記憶喪失中の若き精神病患者の物語(と思われる)であり、「私」という一人称で語られていく。

彼は過去に発生した複数の事件と何らかの関わりを有しており、物語が進むにつれて、謎に包まれた一連の事件の真犯人・動機・犯行手口などが次第に明かされていく

そういうことです。そういうことらしいです。
1988年には映画化もされています。

『読むと精神がうんたら』という大仰な宣伝句は、読めば、ああなるほどといった感じです。レトリックといいますか!?

おどろおどろしいカバーイラストに惹かれて文庫本を買ったはいいものの、難解さに挫折した方も多いしょう。というより読むのが面倒になります。(文庫本前半は特に)

どうしても『ドグラマグラ』を完読できない場合、『瓶詰の地獄』といった短編から始めてみるのはいかがでしょう。

少し読みやすくて短いけれど、テイストはしっかり感じることができるかもです。



10年以上の年月を費やした傑作【ドグラマグラ】が無事に刊行された翌年、夢野久作は47歳で息を引き取るのでした。

一行寺には、夢野久作のお墓が。

見学の旨をお寺のかたへお伝えして写真を。

ブウウーン。

こちらは、夢野久作や火野葦平といった、当時の九州文壇の人々が通ったというお洒落な喫茶店『ブラジレイロ』。

元々は東中洲河畔にあったそうですが、戦後移転して今は博多区店屋町にあります。

【一行寺】

福岡市博多区呉服町9-23

【ブラジレイロ】

福岡県福岡市博多区店屋町1-20