ブウウーンっていうのはつまり【夢野久作・一行寺】

夢野久作は福岡出身の作家です。代表作は『ドグラマグラ』。
日本の「推理小説三大奇書」の一つとされているのだそうです。

タイトルがいきなり怪しい!怪しさの極み!!
そんな『ドグラマグラ』なる作品を私がおおざっぱに要約してみましょう。

記憶を失った主人公が精神病院で目を覚まします。若林博士の助言を得ながら、主人公はなんとか記憶を取り戻そうとするのです。

そんな主人公には、なんと殺人事件の容疑がかけられていたのだ!!その真相やいかに!!そして胎児の夢とは???脳髄!?

といったあらすじ。
どうですか。分かりますか!?私はよく分からないなあ(遠い目)。

ですのでwikipediaから引用することにします。

大正15年頃、九州帝国大学医学部精神病科の独房に閉じ込められた、記憶喪失中の若き精神病患者の物語(と思われる)であり、「私」という一人称で語られていく。

彼は過去に発生した複数の事件と何らかの関わりを有しており、物語が進むにつれて、謎に包まれた一連の事件の真犯人・動機・犯行手口などが次第に明かされていく

そういうことです。そういうことらしいんです!!
『ドグラマグラ』は1988年に映画化もされています。

『読むと精神がどうにかこうにか』という宣伝句は、実際に読みすすめると、ああなるほどといった感じかもしれません。レトリックという!?

おどろおどろしいカバーイラストに惹かれて文庫本を買ったけど、挫折しがちでなかなか読み進めることができない。つらみ!!(文庫本前半は特に)

そんなかたには短編『瓶詰の地獄』から入ってみるのもいいかも。まあ無理して読むこともないんだけど。



さて【ドグラマグラ】は10年以上の年月を費やして無事に刊行されました。
ですがその翌年、夢野久作は47歳で息を引き取るのでした。

博多区呉服町の【一行寺】には、夢野久作のお墓が。↓

ブウウーン。

そしてこちらは、夢野久作ら当時の九州文壇の人々が通ったという喫茶店『ブラジレイロ』。↓

元々は東中洲河畔にあったそうですが、戦後移転して今は博多区店屋町にあります。

【一行寺】

福岡市博多区呉服町9-23

【ブラジレイロ】

福岡県福岡市博多区店屋町1-20