スーパーで始まりタイガーで終わる【老松神社(上の宮)】

引き続き、今回も春日市須玖地区界隈の散策です。↓

前々回は『ナギの杜』の中に鎮座する『下の宮(住吉神社)』を訪ね

そして前回は『中の宮(老松神社)』を訪ねました。

流れ的にいいますと、今回は【上の宮(老松神社)】を訪ねるということになります。こんにちは。

では、さっそく向かいます。『中の宮公園』前を先へ進み、なぎの木通りを渡り

さらに進んだ先に見えるのが

【白川伯王益寿稲荷神社】。なんて読むんだろう。↓

ちなみにこちら、先述した『中の宮公園』脇の案内図に記載されていて

せっかくなので寄ってみることにしますね。説明書きによりますと

創祀は、1838年に斎主鬼倉少弐藤原政子が社殿を創建して、京都伏見稲荷大社から分霊を勧請したもの

では近づいてみます。↓

鳥居があって↓

社殿。↓

由緒書きなど特にありませんでした。

通りへ戻ってみると

ちょうど向かいに【須玖天神緑地】を示す案内。それはもう、行けと言わんばかり!!↓

ほっそい小路を抜けていくと↓

きれいに整備された広場がぱっと広がり↓

奥のところに【地禄天神】。↓

ちなみにこちらも先述の案内図に載っていました。↓

参照してみますと↓

創立は不詳。1865年の石灯篭が残されており、古くからこの地の産土神だったといわれています。「お天神さま」と呼ばれ、農業神の「埴安命」をまつっています。現在社殿はなく『地禄天神』の石碑があります

といったところで、そろそろ【上の宮(老松神社)】へ向かいましょう。

 

住宅街を抜けてくねくね進んでいくと↓

少し先のところに↓

【老松神社】が鎮座。こちら上の宮。↓

周囲はこんな景色。↓

では境内へ失礼します。↓

老松神社の扁額(かすれてるけど多分そう)。↓

いまいちど『中の宮公園』の説明書きを確認。↓

すると【老松神社(上の宮)】についてこんな記述がありました。↓

須玖の産土神一の宮は字竹末にあり、上の宮とよばれている老松神社で、菅原神をおまつりしています。境内には白水池ゆかりの庄屋、竹末新兵衛の石碑

その竹末新兵衛というのは↓

江戸時代に白水池の堤防を改修し、須玖村の田畑を潤した庄屋。境内顕彰碑は明治30年に建てられました

字竹末の庄屋の竹末新兵衛。【老松神社(上の宮)】については↓

創立は不詳だけれど、台座に元禄十五年老松神社再興とあり、創立はそれ以前にさかのぼるでしょう。境内に須賀神の小祠があります

こちらが顕彰碑で!?↓

こちらが境内社!?↓

社殿。↓

狛犬。↓

拝殿内。↓

本殿。↓

そしてタイガー。↓

といったところで、春日市須玖地区の散策はおしまいです。ありがとうございました。


【PR】タイガー魔法瓶 水筒 800ml 真空

【白川伯王益寿稲荷神社】

福岡県春日市須玖北8丁目

【須玖天神緑地】

福岡県春日市須玖北6丁目

【老松神社(上の宮)】

福岡県春日市須玖南3丁目102