登場人物みんな癖が強め【濡衣塚】

福岡市博多区千代。御笠川に架かる『石堂橋』を

博多方面へ渡ると、夢野久作のお墓がある『一行寺』があります。↓
(→ブウウーンっていうのはつまり【夢野久作・一行寺】

そばの電柱の歴史豆知識みたいなやつによると、かつて高杉晋作も柳町へ向かうために渡ったことがあるのだとか。↓

で、今度は橋を反対側の千代方面へ渡って少し進むと、以前訪れた【石堂地蔵尊】がある。↓
(→繁氏という男よ【石堂地蔵尊】

そんな『石堂橋』のほとり、そして国道3号線に沿った通りに建っている石碑が

【濡衣塚】。「冤罪」なんかの場面で使われるフレーズ「ぬれぎぬを着せる」。ここは、その『濡れ衣』に纏わる場所なんです。↓

由来を調べてみると、話は今から1200年ほど前の奈良時代にさかのぼるのでした。

昔、佐野近世という男がいました。

病身の妻と娘の春姫(16才)の3人家族。ある時、筑前守護職として博多に赴任することになりました。が、しばらくして妻が死んでしまいます。

近世も春姫も悲しみに暮れる日々。なんとか立ち直りたい、そんな想いもあって後妻を迎えたのでした。

が、この後妻がかなりの曲者だったのだ!!この後妻は、連れ子である春姫が疎ましくてしょうがない。



それは若さへの嫉妬、美貌への嫉妬、そして他にも色々あったんじゃないかな。

ある時、この後妻は知り合いの漁師を金で釣って、とある計画を実行します。
計画とは、春姫を陥れる嘘を近世にふきこもうというもの。こんな具合に。↓

近世の元へとある漁師が苦情を告げにきました。それは、あなたの娘である春姫が、私(ここでいう漁師)の釣衣を盗んで困っていると。

近世は驚きます。自分の娘が盗みを!?問いただすためにさっそく春姫のもとへ向かう近世。

するとそこにはぐっすり眠る春姫の姿。そして彼女の上には濡れた釣衣が掛けられていたのでした。

もちろんこれは後妻の策略。その筋書きはきっとこうだろう。↓

知らない男の服を盗ってきて、それを掛布団にしているとは!!ふしだらな泥棒猫!!

盗人であるということ、そして漁師との親密な関係をも匂わせるということ。
これがいわゆる後妻のダブルアタックというのか!!

でもね、こんな安っぽい猿芝居をいったい誰が信じますか?



佐野近世が信じたのだ!!そして激昂したのだった。

こうして、後妻の計画通りに事が運んでいくのですが…。

話が続く前に、私はこの出来事を検証したい、近世の立場で。↓

その一。そもそもなぜ見知らぬ漁師の服(びしょびしょ)を、若くて美しい春姫(自分の娘)が盗むのか。

その二。春姫はどうして、眠る前にわざわざ、どこかへ漁師の服を盗りに行き、そのまま掛け布団として使ったか?

その三。仮に春姫(自分の娘)にそういう趣味(見ず知らずのおじさんが好き)があったとしても、その人の服(びしょびしょ)を寝る時に使いますか。

どうですか近世さん!!あんた間違ってるよ!!
だけど近世はちっとも疑問を抱かないんだな。

その一方でまた、私は春姫にも言いたいことがある。

犯行状況的に、春姫はぐっすり眠っている間に、びしょびしょの濡れ衣を犯人(後妻か漁師)に掛けられている。びしょびしょ。

「いい加減に、お前(春姫)起きろよ!!」

きっと寝づらかったと思う。でも春姫起きない。絶対起きない。なぜなら成長期だから。眠りが深いから。これが若さの罪。

こうして、全ての現象が不思議な感じに絡み合って話は進んでいくのです。

キレてキレてキレまくった近世。気づいた時には春姫(自分の娘)を斬り殺していたのでした。

これで話は終わりません。ある晩のことです。近世の枕元に、涙する春姫(自分の娘)が現れました。そして春姫は

「ぬぎ着する そのたばかりの 濡れ衣は 永きなき名の ためしなりけり」

「濡れ衣の 袖より伝う 涙こそ 無き名を流す ためしなりけり」

と二つの歌を詠み、自分は無実なのだと近世(父)に訴えます。そして歌を詠み終えると、春姫はいつのまにすうっと消え去ってしまったのです。



ここで初めて、近世は春姫の事件に疑問を感じます。ひょっとして!?

後妻を問い詰めて真実を知った近世は、自分の過ちを激しく悔いて出家。

それからのち、娘である春姫の冥福を祈るため、堂宇を建てたのでした。(完)

つまりこの【濡衣塚】は春姫のお墓。そしてここは、無罪の罪に落とされる意の「濡れ衣を着る」という言葉の発祥の地であるというわけ。

※もともとは聖福寺西門近くにあったけれど、江戸時代に石堂川(御笠川)東に移転。さらにその後河川改修に伴い現在の場所へ移されたのだそうです。

【濡衣塚】

福岡県福岡市博多区千代3丁目2