博多駅から旧筑前簑島駅まで辿ってみた【旧筑肥線1/4】

先日、福岡市博多区の博多駅近辺を散策していたところ、気になる建築物を見つけたんです。↓

緑道の脇にあって駅のプラットホームのように見えるけど、線路なんてないし。やだ恐ろしい!!

とか思って調べてみたところ、どうやらこれは『旧筑前簑島駅(オブジェ)』なるものらしく↓

私はこちらの『旧筑前簑島駅』をきっかけに、初めて筑肥線そしてその廃線区間の存在を知ったのであった。

それはいったいなんなのか。

まずwikipediaの【筑肥線】の項を参照してみます。↓

もともと私鉄であった『北九州鉄道』が、博多~伊万里区間に【筑肥線】を敷設しました。

1937年に『北九州鉄道』は国有化されて『日本国有鉄道』に。

1983年、地下鉄空港線の開通による路線競合だとか地上線が引き起こす交通渋滞の一因、はたまた部分電化などの理由によって、姪浜~博多区間は廃止されることに

その廃止されたという停車駅は、『筑前簑島』『筑前高宮』『小笹』『鳥飼』『西新』。距離にすると全長約11.7km。そして廃線からは36年の月日が経過しています。

この廃止された区間を辿ってみたい。ふとそんな想いがふつふつと。なぜなら、偶然の出会いを大切にするタイプだから…。

というわけで、今回から数回にわけてのんびり辿ってみようと思います。もちろん書籍やネットを参考にしながらですけど。↓

それではさっそく『博多駅』からスタート。というのも【旧筑肥線】は『博多駅』に直接乗り入れていたそうですから。

 

人で混み合う『博多駅』駅前をさっさと抜けて↓

鹿児島本線の線路に沿って、しばらくまっすぐ進みます。↓

この線路とおりにそのまま沿って行けば「JR竹下駅」へ到着です。ですが【旧筑肥線】はというと、ここからゆるやかな弧を描いて右側へと逸れていくことに。↓

真正面の木が見えるところまで歩いていくと↓

そこは「美野島公園」の入り口。この緑地道をそのまま道なりに進むわけですが↓

ちょっとだけ寄り道しますよ。公園内を散策。すると奥のところに石碑を発見。↓

右の碑は「簑島の碑」。簑島の歴史を記念したものらしく、また左の案内板には『筑前簑島駅』のことが記されていました!!↓

すかさず読んでみると、こんな具合。↓

美野島の由来。かつて美野島は今の街並みとは違って、海を臨む位置にありました。当時、那珂川の河口には「簑島」という小さな島があったとされています。近年までの「簑島」という町名は、昭和44年に「美野島」となりました

つい最近までこの地の地名は「簑島」だったと。そして↓

大正15年に北九州鉄道(のちの筑肥線)が博多駅まで延長され、昭和4年に日本足袋簑島工場の要請により、簑島公園南西の位置に『筑前簑島駅』が誕生。昭和58年、筑肥線が福岡市地下鉄と相互乗り入れを開始するにあたって、ほぼ平行にあたる筑肥線の博多・姪浜間が廃止となりました

それでは、引き続き先へ進みましょう。

緑道はいったん途切れたり。↓

左にはゴルフの練習場、その奥には「パナソニックシステムネットワーク」(九州松下電器工場)。

そこから少しだけ進めば

一つ目の駅『旧筑前簑島駅(オブジェ)』に到着です。

実際の『旧筑前簑島駅』の位置は、もう少し先に見える陸橋の下あたりだったそうで↓

その橋の裏側には、かつてを偲ばせる煤の跡が今も残っていると聞きました。↓

ちなみに以前(数年前)はこんな感じだそうなんで、多分修繕されてきれいになっているのかな。↓

かつて松下電器の社員が数多く『旧筑前簑島駅』を利用し、この辺りはずいぶん混雑したのだそうです。だけど

そんな記憶も夢の中。ってことで、今回はここで終了。お疲れ様でした。

次回もよろしくどうぞ!↓


【旧簑島駅】

福岡市博多区美野島3丁目9-11