勝敗がないと割と平和だろう【山田宝満宮】

わりと前のことなんですけど、私は大野城市の「中」地区にある【御陵宝満神社】を訪ねたんですな。↓

こちらは、景行天皇や神功皇后もお祈りにやってきたという由緒ある神社だそうで、ご祭神は「玉依姫命」。それは水分けの神であり農耕の神。(→コンプリートしたくなる気持ちあるある【御陵宝満神社】)↓

1592年から1681年の頃に【御陵宝満神社】は五社(中・乙金・山田・筒井・井相田村)に分社されました。分霊勧請。その背景には、頻発する御笠川氾濫への対策があったみたい。

でね、私はその分社されたという五社をコンプリートしたくなったのだ!!

謎の衝動に突き動かされた私は、これまで前出の【御陵宝満神社】はもちろんのこと↓

【乙金宝満神社】(→昔あって今なくて昔なくて今ある【乙金宝満神社】)↓

【筒井宝満神社】(→どうもこうもないですよ銅だけに【筒井宝満神社】)↓

【井相田宝満宮】(→新犬狛犬をベテラン狛犬が厳しく見守っている【井相田宝満宮】)】↓

の3社(+1)を訪ねてきたのでした。そして今回は4社目。大野城市山田地区に鎮座する【山田宝満宮】にお邪魔しようというお話です。

福岡方面から春日方面へ福岡日田線を進み↓

山田4丁目の交差点を左折。

そしてこのまま進めば御笠川だけど↓

その手前辺りで右へ入っていきます。↓

細い住宅地の通りを少し進んだところに、神社が鎮座するのが見えますね。【山田宝満宮】です。↓

どうやらこちらは神社の裏手のようだけど、そのまま境内へ失礼します。↓

ちょっとした遊具があったり。ウェルカムドリンク的な!?ウェルカム遊具的な!?↓

狛犬があって↓

拝殿。↓

拝殿内もちらっと。↓

本殿。↓

境内社。↓

地禄天神社。ということは道真公。↓

そばには小さな祠も。↓

ご神木と、なにかの石碑。↓

そして遥拝石。↓

社殿そばには由緒書きがあって↓

読んでみると↓

ご祭神は「玉依姫命」。1673~1680年の頃、旧中村御陵の宝満宮から分霊勧請されました。旧山田村の本村は、御笠の森の周辺にあったけど現在の高地に移されました。御笠川の氾濫に悩まされたからである。ご神像一体。天神像なるべし。

とのこと。ここは【御笠の森】から徒歩10分てとこかな。(→1kmは結構な距離あるYO!【御笠の森】

社殿右手に鳥居。こちらが入り口ということでしょう。↓

鳥居のそばには猿田彦があって↓

そのまま隣りのお寺の門になっている。↓

また、検索で見つけたこちらのサイト【紀行道中写真館】には、【山田宝満宮】に関するこんな面白い記載が。↓ 

この宮にはかつて『盆綱引き』という盆の行事があって、8月15日に神社の鳥居正面の道路で盆綱引きを行っていた。

7月から8月の初めにかけてお年寄りや青年が山にカズラやカヤを刈って来て、境内の最も大きな楠の木の枝に引っかけ藁と一緒に捻って網を作った。その楠の木は枯れてしまって無くなっている。

網の中央部は直径30cm位であとは細くなり、長さ30m程の網に細い枝縄がつけられ村人達はこの枝縄を引張った。お盆の15日には鳥居正面の直線道路にこの網を伸ばして、村中のお年寄りも子供も総出で上組と下組とに分れて綱引きを行ったのである。

そして↓

ある程度の時間を引きあった後中央部の太い網の上に庄屋さん(区長)が上がり、「祝い目出度」を合唱し、最後は網の中央をナタで断ち切って引き分けにした。それは喧嘩などせず助けあって暮らすようにという願を込めたもの。断ち切った網を宝満神社の境内に運びその網で土俵を作って、子供達の相撲大会を行い子供の成長と豊饒(ほうじょう)を祈った。

大野城市内では牛頸、瓦田、筒井、仲島、中、乙金、釜蓋でも昭和の初め頃まで行なわれていたという。山麓の村落では山方と里方に分かれて綱を引きあい、山方が勝てば山に植林した木がすくすくと成長し、里方が勝てば稲の豊作が約束されるといわれていた所もあった。

(まるまる引用させていただきました。ありがとうございます。)

さて、分社された五社を巡る大冒険も【中宝満宮】の一社を残すばかりです。

その時は面倒だと思っても、小さな楽しみが減っていくのはやはり寂しいものですね。

ちなみに【中宝満宮】は、御笠川の向こう側の多分あっちらへんらしい。↓

それではまた会う日まで。


【山田宝満宮】

福岡県大野城市山田4丁目7