東光寺剣持古墳の見学はもう【アサヒビール博多工場】

福岡市博多区の竹下地区にある【アサヒビール博多工場】の敷地内に

なにやら古墳があるらしいと聞きましたので、さっそく訪ねてみることにしました。

名前は『東光寺剣塚古墳』。物流ゲートへ行き守衛さんに聞いてみると、見学は現在やっていないとのこと。残念だけど仕方ありません。

インターネットから情報をお借りすると↓

6世紀中頃に造られた、福岡平野最大級の前方後円墳で別名『観音山古墳』。墳丘の回りには三重の周濠がめぐらされており、総長は約126mにも

といったところ。ちなみにこの界隈には那珂古墳(4世紀)があったり↓

少し足をのばせば板付遺跡(紀元前)もあったりと、なんだか賑やかな感じ。↓

このまま帰るのもなんですので、アサヒビール工場の周りをぐるっと廻って、悲しみを癒したいと思います。↓

物流ゲート入り口のところから反時計廻りで行きますよ。↓

敷地内に建ち並ぶ大きなビールタンク横を真っ直ぐ進みます。

すると右手に校門。こちらは沖学園。↓

さらに進むと通りは「竹下通り」と交差するので↓

左へ曲がります。敷地に沿って「竹下通り」へ。

通りの左右を↓

アサヒビール工場の設備で囲まれています。↓

バス停があって↓

案内。工場見学も出来るんだそうです。↓

(※各自HPにて、事前にご確認ください)

渋みのある施設を見るだけでも楽しい。↓

すると通り右手にビルディング。↓

【アサヒビール園博多】。このビルディングの中には大ホールがあり、そこでは日夜ジンギスカンやしゃぶしゃぶの食べ放題コースが楽しめるという夢の園。↓

個人的には、子どもの頃に一度だけ行ったことがあって、その時はジンギスカンとビールで盛り上がったのでした。嘘嘘。多分ジュース。近々あらためて訪ねてみたくなりました。↓

さて、このまま真っ直ぐ進むと「竹下通り」は「JR竹下駅」へと続きます。↓

工場のエントランス!?

脇の辺りに石碑が立っていますので↓

ちょっと見てみましょう。↓

3名の偉いっぽい人の姿、そして文章が書きつられてありますが、さすがに読めないかな。

と思ったら裏面にきちんと記されていました。ざっと読んでみると↓

札幌麦酒は明治9年官業として札幌に起り民間に移り、札幌麦酒株式会社に。終戦後二社に分かれる。この工場は大正10年建設

そしてこちらのモニュメントは↓

「BACCHAS 1989 人と風とコミュニケーションするお酒の神様/kiyoyuki kikutake」

ローマ神話に出てくるお酒の神様バッカス。では先へ進みます。↓

 

敷地に沿ってここで左折。↓

辺りはこんな雰囲気。↓

しばらく進んでいくと↓

小路は2132号線に合流。ここを左へ。↓

少し先に、こんな小道への入り口があって↓

そっと抜けていきます。↓

突き当りの説明書きによりますと↓

ここはアサヒビール工場の私設道路。てか、てかてか。てかさ。おやおや↓

柵の向こうが緑になっていて、すっごい緑。バリ緑。ここが!?ひょっとして!?【東光寺剣持古墳】とか!?てか!?てかてか。

だったらいいけど、よく分かりません。↓

そのまま小道を進んでいけば、スタート地点である物流ゲート出入り口に到着です。

一応、古墳の近くまで行ったってことで、終わります。


【アサヒビール博多工場】

福岡市博多区竹下3丁目1-1