小水城ゆめあかり広場へ行ってパン【水城01】

福岡方面から太宰府方面へ福岡筑紫野線を進むと、工具のお店ハンズマンがあって

その隣りには日の浦池。今は寄らずに↓

そこから少し進んで↓

下ると【小水城】の交差点があります。↓

その通りの向こうに見えるのが【小水城広場】。ここが今回の目的地です。

広場から見て交差点の向こうの建物脇に案内板があったので↓

すかさずチェックする私。↓

水城とは現在の大野城市から太宰府市にかけて存在した古代の防御施設で、博多湾方面からの攻撃から太宰府を守るために築かれた土塁と濠のこと。

日本書紀によると664年に天智天皇が築いたとされています。土塁は高さ10メートル、幅80メートル、長さ1200メートルあり、博多湾側に幅60メートル、深さ4メートルの濠を作って水を蓄えていました。

この上大利地区には土塁と下大利側に濠がある小さな防御施設があり【小水城】とよばれています。現在、濠は埋まって見えませんが、土塁の一部が噴水の真向かいに残っています。

水城の土塁の内部には御笠川から濠に水を流すための木桶が通っていました。

とのこと。

では広場へ向かいます。↓

で、説明書き。↓

水城跡から西へ800メートルの所に位置し、丘陵間の小さな谷を塞ぐ土塁で小水城とよばれています。春日市の大土居・天神山にも存在します。上大利小水城が造られた後、大宰府が成立。

牛頸須恵器窯跡の窯や集落に大きな変化が起こりました。

つまり、こういう感じ。↓

かつて朝鮮半島では「高句麗」「百済」「新羅」という三国が争っていて、新羅は唐とタッグを組み、一方で日本(大和朝廷)は百済と手を結んで両者は対立。

そして663年に起こった『白村江の戦い』で日本(大和朝廷)は敗れます。

敗れた日本(大和朝廷)は中大兄皇子(天智天皇)を中心に、唐・新羅からの侵略に備えます。

博多湾そばにあったであろう役所を内陸へ移動。天智3年(664)には、敵は博多湾から上陸して大宰府を目指すと考えて、平野部分を遮るように土塁を築きました。

つまりこれが『水城』であり『小水城』。そして

天智4年(665)には、避難施設として四王寺山に『大野城』を築き、さらに『基肄城』も築いたのでした。

でもね、結局敵は来なかったんだな。



そんな歴史の流れ。

ついでにwikipediaの水城の項を参照してみると

『日本書紀』には「筑紫国に大堤(おおつつみ)を築き水を貯へしむ、名づけて水城(みずき)と曰ふ」という記述がある

らしい。

さて、広場の中はこんな感じで↓

こっちにもう一つ案内板がある。で、その後ろが土塁跡っぽいです。↓

こっちの案内板には↓

この地は長い間『横堤』とよばれ、耕作の間に馬を休ませたり草を食べさせたりする場所だった。

とあって、広場の奥に行ってみると、こっちにも説明書き。↓

こんな感じのことが書いてある。↓

この地の土塁を調査した結果、『版築工法』と呼ばれる土塁の築造方式が使われていて、これは他の水城のものと共通している。

その『版築工法』とは、質の異なる土を交互につき固めるというものなのだ!!だそうです。

せっかくなんで、上からも写真を撮ってみようと移動したら、リョーユーパンの工場があって↓

直売所もあったんで、私は食パンを買ったのだった。↓

っていう話です。完。


【小水城ゆめあかり広場】

福岡県大野城市旭ケ丘1丁目4