コンプリートしたくなる気持ちあるある【御陵宝満神社】

以前、福岡県大野城市にある『善一田古墳公園』(↓)を訪ねたときのことです。

公園近辺をふらふら漂っていると

すぐそばに『乙金宝満神社』が鎮座するのを見つけました。

神社の境内には↓

由来書きがあって↓

そこにはこう書かれていたんです。↓

文禄4年(1597)、中村御陵の宝満宮から当村御手洗の古宮の地に勧請し,元禄年間(1688-1704)に現在地に遷宮されたと伝える

そんなことをふと思い出した私は、その【中村御陵の宝満宮】を訪ねてみたいと思ったのであった。こんにちは。↓

3号線を福岡方面から太宰府方面へ向かって進み↓

『金隈遺跡公園』(↓)を過ぎても↓

もう少し進み↓

御笠川4丁目北の交差点のちょっと手前辺りで

左手へ入っていきます。↓

そこから、ごにょごにょっと通りを進んだり↓

例えば御陵中学校を目印にしたりして↓

うねうね進んでいくと↓

前方に【御陵宝満神社】が見えてきました。↓

通りをはさんだところには貯水池があります。↓

では鳥居をくぐって↓

境内へ。ここがつまり【中村御陵の宝満宮】というわけです。

 

で、「中村」というのはなんのことでしょう。中(地名)の村ってことなのだろうか!?↓

社殿の裏に見えるのが御陵中学校のグラウンドで↓

境内に由来書きがありましたので↓

読んでみたいと思います。↓

ご祭神は「神功皇后」「玉依姫命」「応神天皇」。71年から130年の景行天皇の時代、天皇は筑紫に下り熊襲を征服。その時、御稜の宮にご祈願されました

それから時を経て、192年から200年の神功皇后の時代には↓

三韓征討の際、神功皇后はこの神廟にお祈りされました。また荷島田村の羽白熊鷹を討った時も、御稜の宮にお祈りされました

「羽白熊鷹」といえばこんな言い伝えが。↓

秋月の豪族「羽白熊鷹」の討伐へ向かう途中に、神功皇后の笠が飛んでいったとされるその場所が、福岡県大野城市にある『御笠の森』といわれています

これは『御笠の森』で聞いたお話。

(※そのお話はこちらの記事でどうぞ!↑)

さらに時を経て、1592年から1681年の頃には↓

中・乙金・山田・筒井・井相田村の勧請を受け、それぞれに分社されました

とのことだそうです。

ぐるっと振り返るとこんな景色。↓

拝殿内をちらっと。↓

本殿からの↓

グラウンド。↓

「御陵宝満神社縁起」。ご祭神であり水の神とされる「玉依姫(たまよりひめ)」について記されていました。↓

社殿は真新しい感じだったけれど、歴史が詰まった【御陵宝満神社】。かつてこちらから五社に分社され、私はそのうちの一社(乙金)をすでに訪ねています。↓

それはつまり、残りの四社も訪ねて全コンプリートしたいですよ!?ということ。

帰りに御笠川の交差点から【御陵宝満神社】のほうを望む著者。↓

ということで、今後の続きもどうぞお楽しみに。↓


【御陵宝満神社】

福岡県大野城市中1丁目9-7