地名から浪漫がこぼれる【筒井の井戸】

先日訪れた【黒男神社】の周辺は、「ザ・住宅街」といった閑静な場所。(→名前がイカついとビビりがち【黒男神社】

細い道があちらへこちらへと入り組んで、いつでもどこでも迷子になりそう。

そんな【筒井】の町の一角に、案内板と柵で囲った井戸を見つけました。

どうやら古井戸の跡のよう。

案内板を読んでみます。

この【筒井の井戸】は貝原益軒の『筑前国続風土記』に「木の筒を以って井韓(いげた)とす。此故に村の名をも筒井と云也。」という記述があり、歴史ある井戸。

つまり木の筒で枠をした井戸があり、そのためこの地を筒井と呼んだ、ということでしょう。

1971年に行われた発掘調査では、木枠が見つかっているとのこと。

また、井戸自体は昭和50年代前半までは現役で使われていたらしいです。

少し水が貯まっているのが見えますが、果たしてこれは!?

さて、この【筒井】をあれこれ調べてみますと

筒井筒なんて言葉もあるみたい。

これは「伊勢物語」や「大和物語」に出てくるという、幼馴染の二人がのちに結婚するというお話。

ってことはですよ、この大野城の【筒井】にも、井戸にまつわる物語が隠されているのかもしれない。

子ども時代、井戸の周りで一緒に遊んでいた二人。のちに疎遠になるけれど、偶然にイオン(大野城店)の惣菜コーナーで再開。とかね。

それはそれで、またロマン。


【筒井の井戸】

福岡県大野城市筒井2丁目7-25