みんなー!こーんにーちわー!!【金隈遺跡公園】

福岡市博多区金の隈。
国道3号線からちょっと入ると、もう一つ細い通りがあって

通りを越えると、「月隈丘陵地域」。そこをさらに上っていくと

今回の目的地【金隈遺跡公園】に到着です。読み方は「かねのくま」。↓

公園の入り口は広場チックになっていて↓

脇には「観音ヶ浦池」がある。柵越えるとキケン!!たしかに!!

公園の敷地はかなり広い。

園内には展示館があって、奥へ進むと「弥生の森」。その上、円墳まであるんだな。

そして全部が緑に囲まれているというね。

広くて静かな環境だから、独りでは心細い雰囲気があるかもしれない。私はちょっと気になりました。

さて、説明板を読んでみますと

ここ【金隈遺跡公園】は、弥生時代前期末から後期初頭(紀元前200から紀元2世紀頃)の約400年もの月日をかけて形成された共同墓地の跡。

規模が大きく保存状態も良かったため、大変貴重な文化財とされています。348基の甕棺墓と119基の土壙墓、2基の石棺墓そして人骨が136体発掘されています。

また、ここは王族だとか首長が眠るお墓ではなく、庶民の共同墓地だとされています。

とのこと。では【金隈展示館】へ入館しましょう。無料。

もともと、出土地点の一部を保存するために造られた、こちらの展示館。

だだっと広がる館内には、たくさんの甕棺墓が発掘当時のまま展示されています。その数、なんと約100基。

甕棺の中には人骨が当時のまま残されているらしい。

その甕棺ですが、比較的小さなものが多く、それは子どもの死亡率が高かったから。

また人骨の身体的特徴や副葬品の素材なんかから、渡来人の影響が色濃く出ているのだそうです。

共同墓地は、結果として約400年続いたわけですが、その長い年月の間に埋葬方法も色々と変わっていきました。

初めのうちは土壙墓(どこうぼ)、そして甕棺墓がトレンドになり、次は石棺墓といった具合。

そしてその多種多様なスタイルのお墓が、全部同じ場所で見つかったというわけです。

展示館を出た私は、せっかくですしそのまま公園をぐるっと廻ってみました。

こちらの「弥生の森」には円墳があります。横穴式石室。↓

だけど草がぼうぼうで、なんだかよく分からなかったな。草が生えてるぞって感じでした。

天気の良い日には、軽い散策なんかぴったりかもしれないけど↓

でも園内には来園者が他にいなかったし、だいぶ静かなのでね。独りで訪れるには、やっぱり心細さがあるかも。

実際、館内のほうには、たくさん居たといえば居たんだけど。見えないからさ。


【金隈遺跡甕棺展示館】

開館時間:9時~17時(入館は16時半まで)
休館日:月曜日
※要確認

福岡市博多区金の隈1丁目39