ここからが本当の日田街道だ【日田街道12】

福岡から日田街道を辿るお話の続きです。(→それはつまり小学校 on the road【日田街道11】)↓

今回は二日市東小学校の正門から再開したいと思います。↓

前回、小学校の敷地で阻まれた進路を、華麗なコーナリングで迂回すると↓

小学校の前に、日田街道の説明書きが立っているのを発見しました。↓

この説明書きがある前の通りを右へ曲がりますよ。まだまだ日田街道は続くのだ。↓

そこからちょっと進むと↓

猿田彦。↓

さらに、通りの右手には『石崎神社(松尾宮)』が鎮座しています。↓

せっかくですので、寄ってみることにします。↓

鳥居をくぐってこんにちは。↓

境内。↓

公民館。↓

石碑。↓

殉国の碑。↓

由緒書きなど見つかりませんでしたので、帰ってネットで調べてみると↓

ご祭神は「大山咋神」。由緒は不詳。

とのことでした。地域の氏神さまといった趣きです。



あら狛犬。ハロー。↓

他にも石碑があったり↓

境内社!?からの↓

拝殿内。さて、それでは引き続き、日田街道を先へ進むことにしましょう。↓

通りの先には西鉄大牟田線の踏切があって↓

この線路の最寄駅は「西鉄朝倉街道駅」。↓

踏切を渡った先の通りを左へ入ると↓

『針摺石』があるんだけど(そのお話はこちらから→繊細かつ情熱的でもある男じゃった【針摺石】)↓

日田街道は、脇目も振らず、真っ直ぐ進みます。↓

通りはいよいよ突き当たりに。

目の前を横切るのは3号線。↓

すぐそばの針摺交差点から3号線を渡ると↓

左には「ゆめタウン筑紫野」という巨大ショッピングモール。ビッグ。↓

モールの沿った大通りをさらにぐいぐい進みます。↓

地図があったので、見てみたよ。↓

ここから脇の道へ入ってみると↓

文化に触れる路だって!!やば。偏差値高め!!↓

そして永岡の交差点先にある↓

ラーメン屋の向かいを左へ逸れていくのであった。↓

そう、ここを入っていくのだ!!↓

ぼんやり進んでいると、ふとどこからかなんとも言えない懐かしい匂いが漂ってきて。↓

ばあちゃんちに帰ってきたかと思ったら、ここは『福岡県醤油醸造協同組合』というらしく↓

醤油工場的なやつですかね!?↓

工場を通り過ぎ、のどかな通りを進むと↓

目の前に川!!そう、宝満川が流れているのよ。↓

つまり!?今回はここまで。お疲れ様でした。↓

また次回にお会いしますか。よろしくどうぞ。

続きはこちら!(→日田街道とか言ってたら長崎街道【日田街道13】


【宝満川】

福岡県筑紫野市牛島65