左からこんにちは【四王寺県民の森センター01】

先日のことですが、宇美町側から四王寺山を登ってみました。↓

また、それより以前のことになりますが↓

大野城市『乙金運動公園』の体育館裏より続く『乙金登山口』からも四王寺山を登ったことがあるんです。↓

この『乙金登山口』には、四王寺山頂上へ続くいくつかのルートがあって、それをざっくり言うならば、ずばり右と真ん中と左から登るルート。

では説明しよう。まず、右側を進むルートというのは、「大城自然の宝道」を辿っていく道筋であり↓

真ん中を進むルートは「大野城歴史の散歩道」の階段をどこまでも上っていくコースになる。じゃあ左側は?

左側のルートはまだ辿ったことがないんです。そこで今回、左攻めでTEPPEN取ってやろうじゃんというお話です。こんにちは。

ちなみに左攻めルートに関してですが、いきなり左へ進むのではなく、まず分岐点のある大城林道まで真っ直ぐ登っていくことになります。ではいきなりスタート!

おなじみのフェンス入り口を抜け

ばりばり登っていきますよ。第1展望所を過ぎると

案内図。しっかり確認して↓

もう少し階段は続きます。↓

ようやっと大城林道に合流するわけですが、ここが実質的左ルート開始地点。↓

ここからは「左センター」の案内に従って舗装路を辿っていくことになります。

通り沿いには

お堂があったり

頭上に注意!

緑のシャワーを身体いっぱいに浴びながら↓

いよいよ宇美町に突入します。↓

ここを左へ逸れるとステキな展望所があるみたい。

気にはなりますが、今回はパス。また別の機会を待ちたい。↓

道沿いには、おもむろに上へとのびるこんな小さな階段があって、ここからでも『毘沙門堂』へ向かうことが出来るらしい。つまりルートは無限大。↓

では引き続き先へ進みます。↓

すると『百間石垣』を示す案内が出て↓

なんだか見覚えのある道じゃんかとか思っていると

目の前に『野外音楽堂』の姿。ずいぶんあっさり音楽堂へ到着しました。

宇美町側から目指したときはずいぶん大変だったけど。さて

ここでいまいちど案内地図を確認しておきます。先ほどの案内に記されていた「センター」とは、どうやら【県民の森センター】の略っぽい。

なるほど、TEPPENもいいけどセンターもいいかも。とりあえずセンター目指して歩いてみます。

そんな道すがら『うぐいす谷』の案内が出ていたんですが↓

こちらは草の具合が激しかったので、また別の機会に。

再び『毘沙門堂』へ向かう道筋を発見したり↓

するとセンターの案内。林道じゃなくて森の中を通っていきなよ、と語りかけてくるので↓

そのまま入っていきます森の中。↓

森の中にも石仏が立っており、こちらは「三十三体石仏第24番札所」の↓

『千手観音』。↓

そのままぐいぐい森を突き抜けたら↓

再び目の前を舗装路が横切っている。そして道沿いには『八ツ並(波)』の文字が記された案内板が立っており

さくっと確認してみると、どうやらたった今歩いてきた道界隈は『大野城跡 八ツ並地区』だったらしく

そばに説明書きがありましたので↓

読んでみたいと思います。↓

大野城跡 八ツ並地区。ここは城内のうち中央部からやや西側の場所にある。更に西には城内最高峰である毘沙門があり、八ツ並から急傾斜の登り道となっている。当地区には14棟の高床の建物跡があり、倉庫として作られたものだろう

続きます。↓

そのうち10棟は西側の傾斜面に大規模な土地造成をして配置計画したもので、城内建物群中もっとも整然としている。建物はその多くが梁行6.3m、桁行10.5mの広さである

とのこと。

 

舗装路を越えた先には「センター近道」と記された案内が立っていて、へー近道とか優しいこと言うじゃんとかいって

案内通りにそのまま舗装路を右へ進んでいくと

通りの左手に案内板。

読んでみると↓

大野城跡 八ツ波建物群。ここは大野城中央部のやや西方にあたる場所で、下方一帯には建物の礎石群がたくさん残っている。建物は14棟あり、全て高床の倉庫で、ほぼ南北方向に建物の長軸をそろえ計画的に配置されている

とありました。つまり道路をはさんだこの一帯が『八ツ波建物群』という具合。ここで一つ良く分からないのが、説明書きの漢字の表記。「並」と「波」で二通りあるけど、どっちがどっち。どっちもどっち?

それはさておき、説明書きは続きます。↓

倉庫は梁行3間×桁行5間(6.3m×10.5m)の広さで、非常時のために武器や米などを備蓄したものである

とのこと。さらに『もみじ谷』の表記もあったので↓

ちょっと寄ってみたり。そうしてそれから↓

再び林道へ戻り、センター近道(仮)を歩いていたら!なんと森の入り口に戻ってくるというトワイライトゾーン状態に突入。え森から出られない?

これがブレアウィッチ伝説なのか、とか言いながら、再び同じ森の道(八ツ波建物群)をダッシュで駆け抜けて↓

そして再びあらわれた目の前の舗装路で沈思黙考。辺りを冷静に観察します。↓

目を閉じて深呼吸。あとはそっと目を開くだけ。さすれば、おのずと道は開けるであろう。↓

次回に続く。

【四王寺山もみじ谷】

福岡県糟屋郡宇美町四王寺