大鳥居は千年の時を越えて【二日市鳥居】

つい先日、初めてJR二日市駅西口から電車を降りてみたら

ロータリー右すぐのところに駐輪場があって

駐輪場前のフェンスに説明書きが張り付けてあったんです。

そばへ寄ってさっそく読んでみると、どうやらこの駐輪場がある場所は

かつて木炭槨木棺墓のあった古代墳墓群「堀池遺跡」らしいのだ!がーん。

っていうのが、前回、二日市を訪れた時の出来事。↓

それから時を経て、再び西口へ降り立ちましたので、今回はそのお話です。

西口ロータリーから駅前大通りを真っ直ぐ南西の方向へ進むと

通り沿い右に!いきなり!鳥居が立ってるんだが!?立ってるんですけど!?

なんです!?いったいなにが起こってるんです!?

扁額には「天満宮」の文字。

鳥居の足元っていうんですか、その真ん前のところに説明書きがありましたので

さっそく読んでみると↓

鳥居町の大鳥居。鳥居町の大鳥居は二日市西2丁目に市道を跨いで立っていました。道真公が大宰府で没した延喜3年(903)から数えて千年、明治35年(1902)年の菅公一千年祭に伴い、湯町の旅館主ら10人によって寄進

二日市西2丁目というのは、この鳥居のある近辺のこと。

一千年祭として鳥居が立てられたいうこと。ちなみに現在から一千年前にあたる1024年頃の出来事ってなんだろう。気になりましたので

以前訪ねた『筑紫野歴史博物館』内の年号表を確認してみると↓

1022年。安楽寺の菩薩院に紫田50町が寄進される

とあって、だからなにってこともないけど、一応ご報告でした。さて説明書きは続きます。↓

この場所が選ばれた理由は定かではないが、二日市と湯町をつなぐ本通り沿いであったこと、二日市停車場(現JR二日市駅)の近くにあって湯町温泉街の入り口にあたること、たおやかな天拝山の山容と天拝社を望む絶好の場所であることなどから、と考えられます。なおこの大鳥居は「鳥居」という地名の由来であり、街づくりのシンボル。大切な歴史遺産

とありました。添えられた昔日の写真。昔の風景は味わいがあってステキですね。↓

このまま進んでいくと湯町へ続き、さらにその向こうには天拝山の姿。

それでは鳥居の裏側にまわってみましょう。↓

説明書きの中にあった「一千年祭」の文字が記されており↓

こちらの向きで真っ直ぐ進むと「JR二日市駅西口ロータリー」へ舞い戻るかたちになります。といったところで

鳥居をあとに、そのままの足で二日市の街中へ向かったのでした。↓

それから時は過ぎ。再び二日市を訪ね、そしてとある橋を渡ったお話は、また別の機会を待ちたい。

【鳥居町の大鳥居】

福岡県筑紫野市二日市西2丁目4-8