あのAYUがついに帰ってくるらしい【宇美四王寺山01】

ここ最近、四王寺山を訪ねる機会が多いんです。

登山の登り口で言うと、まず乙金地区から、次に太宰府坂本地区からも四王寺山を登りました。ずいぶん前には観世音寺口から登ったこともあります。

そして今回は、福岡県糟屋郡の宇美町側から四王寺山を登ってみようというお話です。こんにちは。

ちなみに、以前訪ねた『宇美町立歴史民俗資料館』館内に

こんな説明書きがあって↓

読んでみると↓

宇美町内の四王寺山には、日本最古の山城『大野城』があります。城の約80%を有する宇美町は、出土品や資料を所蔵しています

とのこと。赤の文字に不思議な力強さを感じます。大野城の名前から大野城市ばかりが注目されがちで、思うところがあったりなかったり!?

資料館の展示からもう少し四王寺山関連を参照してみますね。まずはこちら『大野城跡復元イメージ図』、↓

それから城門礎石、さらに

城門の推定復元模型などなど。これらを頭の片隅に留めつつ

いざ宇美町側から四王寺山へ向かいたいと思います。

炭焼の交差点から四王寺山へ向けて真っ直ぐ道を進むと

通り左手にお堂があって

その向いには猿田彦。↓

少し進んだ先には『大山祇神社』が鎮座。↓

神社境内前には『水害復興の碑』があって↓

裏側に刻まれた文章によれば、昭和48年に起こった豪雨からの復興の碑、なんだそうです。↓

では鳥居をくぐって境内へ。↓

注連掛柱。↓

社殿。↓

そばに新築記念碑。↓

読んでみるとこうありました。↓

創建の由来は詳らかでない。当社は愛媛県大三島町大山祇神社の分社にて境内に現存する石燈籠寄進の年号によれば、正徳5年(1715)以前より鎮座

その『愛媛県大山祇神社』をグーグルマップで見てみるとこんな感じ。↓

といったところで参拝はおしまいです。先へ進むことにしましょう。↓

柚の木橋を渡った先は、ゆるやかな坂道が続き↓

そして「船石橋」を渡ると↓

駐車場のようなスペースが左手にあって、そこの真ん中に大石。なんなん。なにこれ。ふと思い出すのは

以前、二日市に訪ねた『鯰石』のこと。あの巨石を彷彿させんばかりの

サイズ感と佇まい感である。↓

ちなみにこちらは『船石』という名前の史跡らしく、でも辺りに説明書きなどありませんので、詳細はさっぱり分かりません。船に使う石?もしくは船のような形の石ってこと?

分からないけど、仕方ないっしょ。そのまま歩き続けます。

県民の森案内図。↓

すると、下に小川が流れるその土手のところに↓

『三十三体石仏第21番札所』が。ここはさながらアトラクションの趣きである。↓

ロープを伝って向かった先に↓

『十一面観音』。みんな、お願いだから落ちないで!頼む!油断大敵!↓

ここからすぐのところに案内が出ており、確認してみると↓

左へ進んだ先には【鮎返りの滝】さらに『小石垣』があるとのこと。さっそく向かいましょう。↓

入ってすぐのところに↓

門柱があって↓

その奥に『三十三体石仏第20番札所 千手観音』。

さらにいくつも仏像が並んだその先に、ああぁ↓

ザ滝である。ここが【鮎返りの滝】。ところで、鮎返りってなんなの!?

調べてみると、全国的に【鮎返り】と名のつく名所はいくつもあるらしく、おおよそそれらに共通するのは↓

産卵のため川を上る鮎。そんな鮎でも上りきれないほどの激しい滝なので、鮎は結局帰る(返る)ことに

そういう意味みたい。ですが、こちらの【鮎返りの滝】に当てはまるかどうかは定かではないです。

ちなみに!TINAMINI。あのAYUが!故郷福岡に!帰ってくるの巻!という意味でもないです。

少し高い所から激写した滝の姿をご紹介したところで、滝に別れを告げます。そして↓

引き続き、この山道を先へ進んでいきます。だって

滝の先には『小石垣』があるって言ってたじゃないですかあ。

その小石垣のお話は次回になります。

【鮎返りの滝】

福岡県糟屋郡宇美町四王寺