最後はしっかり決めたかった【大城山02/02】

前回の続きです。(→階段が続くけどなんとかなる【大城山01/02】)↓

前回私は、大野城市の「大野城総合体育館」の裏手にある↓

「大城山登山口」から↓

大城山を登りはじめ↓

ようやく、二つ目の展望所に辿り着いたのであった。↓

ここからの続きです。↓

このずっと先に朝鮮半島が見えるらしい。どうですか。見えてるのかな。↓

どんどん階段を上って↓

残り280m。↓

気を付けて!!↓

すると先の方に↓

3つ目の展望所。↓

「細長い緑の帯は水城跡」。(→大水城の東端からハロー01/03【水城04】)↓

おお見えますねえ。感動!!↓

お分かりいただけてますか?これよこれ↓

そしてここからほんのすぐのところに↓

鳥居。↓

こちらは↓

【毘沙門堂】↓

説明書きを読んでみるとこんな具合。↓

毎年1月3日、ここ毘沙門堂で「四王寺毘沙門詣り」が行われます。また『筑前国続風土記拾遺』によりますと、「四王寺村の西の高台に石像を納めた石堂があり、旧暦の正月3日と9月13日に成泉坊という山伏が神事を行っていることが分かります。」

また↓

「四王寺毘沙門詣り」は宇美町民俗文化財に指定され、大切に守り伝えられています。

とのこと。ここは宇美町なんですねえ。↓

それでは石段を上って↓

もう少し上って↓

【毘沙門堂】。↓

そばに案内板があって↓

こう書いてあります。

大城山は左へ20m行ったところが山頂。四王寺山はこの辺いったいの総称です。

つまり、私は大城山に登っているつもりが



四王寺山にも登っていたのだ!!

左へ進むと石柱が立っていて↓

つまりここは『四王寺跡』かつ↓

『大城山山頂』で↓

毘沙門堂である。↓

境内には↓

祠というのか↓

お堂というのか↓

あちこちに↓

いくつもありました。↓

そばに地図があったので、場所を確認します。↓

さらに説明書きもあったので↓

参照します。↓

毘沙門は仏教の四天王に由来し、奈良時代に建てられた四王院がこの近くにあったと伝えられます。

さらにここから山道を進んでいくと↓

『広目天』なる場所へ向かうみたいだけど↓

今回はここで下山することにします。まったり1時間弱?くらいかかったかなあ。↓

また機会があれば登りたいです。↓

お疲れさまでした。↓

からの↓

ですよね。ブログ的には。


【大城山山頂】

福岡県糟屋郡宇美町大字四王寺314