大土居水城跡の看板はわりと目立つ【水城02】

先日【上大利水城跡/小水城ゆめあかり広場】を訪ねた際、案内板にこんな感じのことが書いてありました。

『水城の大堤』に連なっている小水城にはいくつかあって、大野城市には【上大利水城跡】があって、春日市には『大土居水城跡』そして『天神山水城跡』という小水城がある。

『水城』というのはご存じの通り、白村江の戦いで敗けた日本(大和政権)が、唐と新羅からの攻撃に備えて造った防御のための土塁っていうか壁っていうかお濠っていうか。

664年に造られたものです。

四王寺山から西へと延びる水城の長さは約1.2キロもあって、その水城の先の谷あいを埋めるように造った土塁を『小水城』と呼ぶっぽい。

今回私は、春日市にある小水城の一つ【大土居水城跡】を訪ねてみようと思います!!

春日市の『いけいけ通り』を井尻方面から牛頸方面へと進むと、フタバ書店があって↓

その隣りにゴルフセンター。↓

さらにその隣りにこんもりした森がある。ここが【大土居水城跡】。↓

『水城跡』の文字がずいぶん目立っている。↓

通りの向こうにも林というか森みたいなのがあって、あれも土塁跡。つまり道路(いけいけ通り)で分断されているということです。↓

土塁を分断までするとは、たしかにイケイケじゃんと思ったけど、きっとこの先にある白水大池の「いけ」からきている名前なのだろう。↓

さて、案内板があるので読んでみます。↓

大土居水城跡は小水城の一つで、水城大堤から西へ約3.4キロのところにあります。平成7年から11年にかけての調査で、土塁の下に木桶があることが確認されました。

この木桶は水城大堤との共通点が多くみられ、一連の防衛施設であったことを裏付けています。

とのこと。

木桶はこんな具合に、博多側の濠と大宰府側の濠をつなぐ感じで、水城土塁の下を通っていたということらしい。つまり導水管の役割。↓

そしてここ【大土居水城跡】には、土塁跡が約100m残されているとのこと。

階段があるのでちょっと上ってみますか。↓

こちらは、『いけいけ通り』に姿を変えた土塁の跡。↓

祠があって↓

うっすらと神社が見えますよ。【大土居八幡宮】です。訪ねてみましょう。↓

通り沿いにある鳥居をくぐって↓

そのまま進むと↓

こちらが本殿。↓

由緒書などなかったのでネットで調べたところ、『白水八幡宮』の摂社なのだそう。森の一番高いところに鎮座していました。



せっかくですので、通りの向かいにあるもう一つの土塁も訪ねてみます。↓

こんな具合。雑木林といった趣で、木漏れ日が良い感じ。特になにもなかったけど。

さて、今回で水城跡を巡って二回目となりました。次は天神山の水城跡を訪ねてみたいな。


【大土居水城跡】

福岡県春日市昇町8丁目