猿田彦っぽいんだってさ【猿田彦神社】

福岡市早良区藤崎にある【猿田彦神社】を訪ねました。

明治通りを西新方面から西へ進み、早良市民センターの真向かいに鎮座しています。

ご祭神は『猿田彦大神』。ん!?猿田彦大神っていったいなあに?↓

天照大御神(アマテラスオオミカミ)は、孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に、「中津国」の統治を命じました。

その天孫降臨を待ち受けて、道案内したのが『猿田彦大神』といわれています。

そしてこのことから

『猿田彦大神』は、「道案内」「交通安全の神」として知られています。

とのこと。

【猿田彦神社】が鎮座する場所は、かつての『唐津街道』。

つまり交通の要所に交通安全の神様が鎮座しているってわけです。これは納得オブ納得。

【猿田彦神社】は「猿面」でも良く知られています。↓

玄関に猿のお面が掛けられている家ってたまに見かけますよね。
これは「災難が去る(saru)」、そして猿は木から落ちないってことから受験祈願にもなっているのだそう。

もともと【猿田彦大神】は、動物の「猿」自体とは無関係だったらしく↓

猿田彦の名前の「猿」が、『庚申信仰』の「申(さる)」と結びついたことによって、猿を祀るようになったのではとのこと。

その「庚申」というのはなんのことかというと↓

『庚申信仰』の「庚申」というのは、十干「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の庚(かのえ)と、十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の申(さる)を組み合わせたも
の。

庚申の日には禁忌行事を行なわないという風習があります。

猿面の授与は、この庚申祭の日と夏祭り限定で行われるため

当日は猿面を求める人で朝から長蛇の列ができるんだとか。

【猿田彦神社】境内の社殿裏には『庚申塔』があって↓

町の通りの片隅や神社の境内でも『猿田彦大神』と記された石碑って見かけます。↓

これらも『庚申塔』といって、いわゆる地域の守り神なのだそうです。

ところで、この赤い手ぬぐいっていうかスカーフはいったいなんなのだろう。
お洒落したい年頃なのかしら。ハロー。↓

【猿田彦神社】

福岡市早良区藤崎1丁目1−41

HP:猿田彦神社