戸口で見かける例のモノ【猿田彦神社】

福岡市早良区藤崎にある『猿田彦神社』。
早良市民センターから明治通りをはさんだ真向かいにあります。

ご祭神は猿田彦大神。

日本神話において、天照大御神(アマテラスオオミカミ)は孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に中津国の統治を命じました。
その天孫降臨を待ち受けて道案内したのが猿田彦大神といわれています。



このことから猿田彦大神は、道案内・交通安全の神様として知られているとのこと。

この『猿田彦神社』がある場所はかつての唐津街道だそうです。
長崎街道から分かれて唐津へ向かう途中の場所。

そんな交通の要所に『猿田彦神社』があるのも、さもありなんってとこですか。

猿田彦神社は猿面でも知られています。

猿のお面が掛けられている玄関ってたまに見かけますよね。

これは「災難が去る(saru)」ことからきているとのこと。
また猿は木から落ちないってことで、受験祈願にもなっているとか。

この猿面は『猿田彦神社』で授与されているのだそうです。

ですが、もともと猿田彦大神は動物の「猿」自体とは無関係でした。

だけど猿田彦の名前の「猿」が、庚申信仰の申(さる)と結びついたことによって、猿を祀るようになったのではと考えられています。

庚申信仰の庚申というのは、十干「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の庚(かのえ)と、十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の申(さる)を組み合わせたもの。

その庚申の日には禁忌行事を行なわないという風習があったのだそうです。



通りの片隅や町の入り口、神社の境内なんかに「猿田彦大神」と記された石碑がありますよね。

こちらは「庚申塔」といって、地域の守り神として信仰されています。

『猿田彦神社』では庚申祭が庚申(かのえさる)の日に開かれています。
これは先述の組合せでは60日で1回。

したがって毎年6回ほど開かれるわけです。

猿面の授与は、この庚申祭の日と夏祭り限定なのだそう。
ですので、当日は猿面を求める人で朝から長蛇の列ができるとのこと。

また、さるあめという飴もあるそうで、こちらは年に一度の初庚申大祭のみらしいです。

並ぶの嫌いだからな。代わりに誰か並んできて欲しいです!!
お願いします!!

社殿の後ろには庚申塔。

赤いスカーフでオシャレな装いのお猿様。

【猿田彦神社】

福岡市早良区藤崎1丁目1−41

市営地下鉄「藤崎駅」からすぐ。

HP:猿田彦神社