それは土地の神の怒りの騒音【白木原地禄神社】

先日、春の陽気に誘われて、福岡県大野城市にある西鉄白木原駅近辺を駆け抜けていたんです。

そしてふっと振り返って見てみると、ちょうど電車が走り過ぎていて、ああ白木原駅はもうとっくに高架化されているじゃん!?と感慨に浸ったのであった。こんにちは。

そんな白木原駅そばの細い路地を抜けていくと

角のところに【白木原地禄神社】が鎮座。さっそくお邪魔したいと思います。

が、どうやらこちらは境内の裏口のよう。神苑明浄。

ちなみに振り返ってみるとこんな景色。開運なんとかとか。↓

そこでひとまずぐるっと廻って表側へ!↓

扁額には「地禄神社」と記してあります。↓

境内に入ると、猿田彦命!?の碑があって

すぐのところに由来書きがありましたので

さっそく読んでみる。↓

ご祭神は「埴安命」。由緒は詳らかではありません。「埴安命」は土地の神といわれています

「埴安命」を祀る地禄神社の「地禄」というのは↓

大地から与えられる幸、そして土地を富ませる意。そこから、農耕社会の生産を司る神として崇められてきました

とのこと。

 

遊具があったり。神社あるある。

注連柱。↓

静かで落ち着いた雰囲気の境内です。↓

手水舎。↓

狛犬!↓

樹齢420年だとされる樟。↓

そして拝殿。↓

ちらっと失礼して。↓

本殿。↓

ところで、なんですが。↓

ここ「白木原」という地名。気になります。なんなんだと。どういうことなんだと。

そこであれこれ調べてみたところ、以前訪ねたことのある『大野城心のふるさと館』の↓

ユーチューブチャンネル内の番組【ここふる学校】には(※大事なシーンに子どもの声が被ってバリうるさい)↓

まず一つには、新羅(しらぎ)の人が日本にやってきたから説。新羅→白木。これは時代考証的に可能性薄!?次に、(クスノキやカシといった)照葉樹林の見た目から白木説。最後の3つ目は、汁処(しるき)=湿地→白木という地形説

と3つの説が示され、それぞれが丁寧に解説してあり、大変ためになる内容でした。

とても面白い動画でオススメです。撮影環境がちょっと騒がしいのも、あえてね、逆にね説。そういったところでしょう。逆に。


【PR】逆ソクラテス (集英社文庫)

【白木原地禄神社】

福岡県大野城市白木原1丁目9-17