エリスはその時突然に【箱崎玉取恵比寿神社】

福岡市東区の箱崎を通る「福岡直方線」という細い通りを歩いていたんです。なんだかとにかく車の量が多くて歩きづらい。まじ勘弁。

避けては通ってとか、また立ち止まってとかやってたんです。そしたらね、ほんとに偶然なんだけど、通りに面した鳥居を見つけたんであった。

それがこちらの【玉取恵比寿神社】。↓

そばに立ってた案内板によりますと↓

【玉取恵比寿神社】は、筥崎宮の末社で、ご祭神は海上・漁業・商業の神である「事代主命」。

とありました。また↓

ここは玉せせりの競り始めの地点であるよ。500年以上前に始まったとされる玉せせりは、約250人の競り子たちが玉を奪い合うのだよ。

その玉せせりの詳細はといいますと↓

まず、筥崎宮で玉洗い式が終わった陰陽の玉は、【玉取恵比寿神社】で祭典が行われたあと子どもたちへ送り出される。

そして筥崎宮近くの交差点まで進むと、今度は大人が玉を運んで、最後に神職に渡すのだ。

こうして行事は終わるのですが、その時「陸部」が勝てば豊作で「浜部」が勝てば大漁になるという仕組みになっているのだそう。↓

ちなみに玉せせり(玉取祭)というのは、毎年1月3日に行われる新春の伝統行事で、せせりというのは「競る」からきているとのこと。



室町時代に始まった行事で、陸(おか)組と浜(はま)組に分かれて重さ8キロにもなる玉を奪い合い、「玉取恵比須神社」から「本宮楼門」まで運ぶというわけ。

こちらが本宮楼門。(→水族館があったとしてそれはその後【筥崎宮01】)↓

また玉せせりにおいては、その玉を触れるだけでも幸運を授かるといわれているそうです。↓

ところでね、玉せせりの話しをしていてふとこんな考えが頭に浮かんだんです。玉せせりはなにかに似ている。そう、イギリス発祥のスポーツ『ラグビー』に似ている。

玉(球)を奪い合って競うスポーツで、その起源は1823年。玉せせりの起源は室町時代(1336年-1573年)ですので、ずっと古いね。

ちなみにラグビーの始まりというのは、某エリス少年がフットボールの試合で、突然ボールを手に持って走り出したことがきっかけ。

おやおや!?恵比寿だけにエリス!?これはひょっとして、ひょっとしない!!つまりノーサイド!!


【玉取恵比寿神社】

福岡市東区箱崎1丁目27-13