結んであるのを解きたくなることもある【鳥飼八幡宮】

【鳥飼八幡宮】を訪ねてみました。

『地下鉄唐人町駅』から『地下鉄西新駅』へ向かう途中の、明治通りに面したところに【鳥飼八幡宮】は鎮座しています。

場所は福岡市中央区の今川。縁結びの神様で有名なんだそうです。

以前から知っていたけれど、鳥居をくぐるのは今回が初めてです。



で、こちらの明治通りに面したほうは裏門(北側入り口)だったみたい。でもせっかくですので、鳥居をくぐって境内へ↓

そして真っ直ぐ正門(南側入り口)まで行く私。あらためましてこんにちは!!↓

鳥居をくぐって参道を歩くと↓

息吹の大銀杏や↓

夫婦楠がにょきにょきのびている。↓まるで森の中にいるようです。

その奥には山門があって

額には『富無祝』とある。これは、お金なくても山門くぐれば幸福!!みたいな意味だそうです。

こちらが拝殿で↓

そして本殿。↓

では、説明書きなんかを読んでみますね。

【鳥飼八幡宮】の創建は約1700年前にさかのぼります。

かつて神功皇后は神のお告げを受け、三韓征伐へ向かい無事に帰国します。その際、鳥飼村に立ち寄るったわけです。

村人は皇后を歓待し、また皇后はお腹の子(のちの応神天皇)を祝って一夜を過ごしたのでした。

そんな昔の言い伝えにちなんで

のちに『若八幡』が建立されることになります。これが鳥飼八幡宮の起源。子安のご利益があるというのも、神宮皇后の言い伝えから。

その後、たびかさなる焼失にあうも、再建再興します。黒田藩主長政公が1608年に現在の地へ遷座し、そして1625年に新たに神殿が建立されたのでした

とのこと。

ご祭神は「応神天皇」「神功皇后」「玉依姫尊」の三柱。中でも玉依姫尊(たまよりひめのみこと)は縁結びの神様として良く知られています。

こちらは境内社の黒殿神社。↓

おや不老水ですって!?ま、まさか!?↓

やっぱり!伝説の男「武内宿禰」でした!!
(こちらもどぞ→300歳まで生きてみたいじゃん!?【不老水大明神】

で、こちらは境内社の鳥飼恵比須神社↓。

そして天満宮です。↓

また【鳥飼八幡宮】の境内は、九州場所の時期には九重部屋の宿舎となるのだそう。

縁結びもいいんだけど、ここで武内宿禰と再会するなんて驚きました。

は!これはつまり、私と宿禰の縁が結ばれた的な!?いや、まじ勘弁。


【鳥飼八幡宮】

福岡市中央区今川2丁目1-17