お洒落な窓だと気分があがる【明光寺】

福岡市博多区吉塚を通る『吉塚2000年通り』から少し住宅街へ入っていくと、【明光寺】の山門が現れます。【大宝山明光寺】。曹洞宗のお寺だそうです。

以前、福岡市中央区平尾にある【野村望東尼山荘跡】を訪ねた時に知ったんですけど、ここ【明光寺】は望東尼が剃髪して尼となったお寺であり、そして境内には望東尼のお墓があるらしいんです。
(→おもしろきこともなき世をおもしろく【野村望東尼】

また書籍『古地図の中の福岡・博多』によりますと(引用です)↓

石堂川沿いにあった『旧蓮池町』(今の中呉服町)は寺町といい広大な境内をもった12軒の寺が道を挟んでいました。そのうち【明光寺】に限って表門が東町にありました。

明治43年(1910)に市内電車が開通することになり、【明光寺】は吉塚へ移転することに。

とありました。電車の線路がお寺の境内を貫通することになったため、【明光寺】は旧蓮池町から堅粕へ移った、ということ。

【明光寺】が旧蓮池町にあった時代には、『善導寺』の隣に位置していたのだそう。(↓博多区にある善導寺)

では山門から境内へ。入るとすぐに『慰霊の塔』があり↓

そして鐘楼。↓

こちらは楼門。↓

どうしてここに望東尼のお墓があるのかというと、彼女が嫁いだ野村家の菩提寺がこちらのお寺だったからとのこと。↓

『榮姫遺髪供養塔』の案内。↓

本堂で↓

お堂。↓

そして「豊川稲荷」。↓

こちらへ進みます。↓

『三十三観音』があって↓

『野村望東尼のお墓』。↓

そして、この右か?左?が『榮姫遺髪供養塔』らしい。↓

説明書きがあったので読んでみると↓

榮姫は徳川家康の姪で黒田長政の正室。長政との間に3男2女をもうけた。終生、江戸に居続けた。

その榮姫の遺髪が供養されているのがこちらの塔ってことみたい。

窓がかわいいね。↓

ちなみに書籍『博多 旧町名歴史散歩』によりますと↓

吉塚へ移ってしまった【明光寺】の跡地(今の中呉服町辺り)には、1926年に劇場『光明座』が開場したのでした。

とのこと。


【明光寺】

福岡市博多区吉塚3丁目8-52