長い話(鼻だけに!!)【牛頸平野神社】

【牛頸ダム】へ行く途中に通りかかった【平野神社】を訪ねました。場所は大野城市牛頸です。

この「牛頸」の地を含む一帯では「牛頸窯跡群」が発見されており、かつて須恵器の生産が盛んだったといわれています。

まず、この「牛頸(うしくび)」というインパクトのある名前!!由来はいくつかあって、『筑前国続風土記』の記述には↓

この【平野神社】の西にある古野山の形が、牛が首を伸ばした形に見えることから名がつきました。

とあるのだそう。

【平野神社】の前のこの通りを左へ真っ直ぐ上っていくと【牛頸ダム】。(→気づいたら赤い靴履いてたわ【牛頸ダム】

鳥居の横にはご神木である大樟。↓

京都の『平野神社』が本社で、991年にこの地へ勧請。大野城市内では最も古い神社とのこと。

ご祭神は「今木神(いまきのかみ)」「久度神(くどのかみ)」「古開神(ふるあきのかみ)」「比咩神(ひめのかみ)」。

境内には文殊菩薩を祀る『筆塚』や↓

『猿田彦』そして↓

地下60mの地下水。

こちらは「三つの石神」。

左から「熱」「疱瘡」そして「頭」の神様。

境内左手には『絵馬堂』があって、堂内には

「三国志」の絵馬や↓

「川中島の戦い」の絵馬などが奉納されています。賑やか。↓

その『絵馬堂』の脇に小さな鳥居があって、扁額には『奥宮』。↓

うす暗い森の中を上っていくと、一番上の所に『奥宮』。↓

「大鷦鷯命(おおささぎのみこと→仁徳天皇)」が祀られています。

ひんやり静かなこの鎮守の杜には、毎年アオバズクが渡ってくるらしく

以前訪ねた【現人神社】にも、アオバズクはやってくると聞きました。↓
(→そそそそそ、だからその話【現人神社】

さて。ところで、なんですけど。こちら牛頸地区には【平野神社】にまつわる伝承があるんです。それはこんなお話。↓

ここ【平野神社】から少し離れた松の木に、とある天狗が腰掛けました。そして自分の長い鼻をこの【平野神社】の大樟の枝に引っかけて一休みしたのだ!!

その距離なんと500m。

私はその現場を実際に歩いてみたんですけどね、それはもう結構な距離。

さらに話は続きます!!↓

【平野神社】の大樟にかけた天狗の鼻の上には、雀やカラスなんかが止まって、わいわい一緒に遊んでのでした。

いい話よなあ。鼻だけに。


【平野神社】

福岡県大野城市牛頸3-14