新人(犬)とベテラン(犬)【井相田宝満宮】

大野城市の「中」地区に鎮座する【御陵宝満神社】は、1592年から1681年の頃に五社(中・乙金・山田・筒井・井相田村)に分社されたのだそうです。↓

つまり、神仏の分霊を他所の神社で祀るということ。その話を知った私は、謎の衝動に突き動かされて、全五社を訪ね歩き、コンプリートしようと思いたったのでした。

これまで、【御陵宝満神社】をはじめとして(コンプリートしたくなる気持ちあるある【御陵宝満神社】)↓

大野城市乙金地区に鎮座する【乙金宝満神社】そして(昔あって今なくて昔なくて今ある【乙金宝満神社】)↓

大野城市筒井地区に鎮座する【筒井宝満神社】の計3社を訪ねてきました。(どうもこうもないですよ銅だけに【筒井宝満神社】)↓

残るは3社。そのうちの一社である【井相田(いそうだ)宝満宮】を今回訪ねてみましょうというお話です。↓

筑紫通りから金隈麦野線を御笠川へ向かって進みます。↓

宝満新橋があって↓

なかふる川!?が流れている。↓

その先には仲島遺跡の案内板が立っています。こちらは例の人面墨書土器で知られる遺跡ですね。(→やばやばのやば【人面墨書土器/仲島遺跡】)↓

そしてそのちょっと先には御笠川がゆうゆうと流れています。↓

宝満新川の手前から住宅街へと入っていくと、通りの突き当りに、公園と並んで神社が鎮座していました。

こちらが【井相田宝満宮】(の裏手)。

ですので、表の鳥居までぐるっとまわって仕切り直しです。

では鳥居をくぐって、失礼しますよと。↓

境内はこんな雰囲気。↓

さきほども説明しましたように、こちら【井相田宝満宮】は【御陵宝満宮】から分社した五社のうちの一つ。ご祭神は「玉依姫尊(たまよりびめ)」。水分(みずわ)けの神、農業の神です。↓

そこには、御笠川の度重なる洪水とそれに伴う水害をなんとかしたいという背景があるようで、ふと思い出したのが【宮添井堰】。

こちらにも御笠川の氾濫にまつわる悲しい言い伝えがありました。(→火の玉見たら涙流さずにいられない【宮添井堰】

境内のこちらには古い狛犬が保管されていて↓

これはなにかしらの跡。↓

拝殿。↓

拝殿内をちらっと。↓

奉納絵馬。↓

「新」狛犬。↓

竣工の碑はあったけれど、由緒書きや説明書きはありませんでした。↓

こうして、3社目の訪問も終了です。残すはあと2社ってことで、またの機会によろしくどうぞ。


【井相田宝満神社】

福岡市博多区井相田3-6