人魚には人魚の事情があるだろう【龍宮寺】

福岡市博多区の大博通り沿いにある【龍宮寺】を訪ねました。

通りの向かいには「東長寺」が見えています。↓

さて、聞いたところによりますと、こちら【龍宮寺】には人魚にまつわるお話があるそうなんです。

人魚伝説といえば、古今東西世界のあちこちにたくさんあるみたいで、ざっとネットで調べてみても↓

『ローレライ』『セイレーン』中でも特に有名なのはアンデルセンの『人魚姫』。

最近でいうと『リトルマーメイド』もそうですね。

【龍宮寺】の山門前には説明書きがありましたので、ちょっと読んでみます。↓

【龍宮寺】は冷泉山と号し、浄土宗鎮西派に属します。創建当初は、袖湊の海辺にあり『浮御堂』と称されました。貞応元年(1222)、博多津で捕えられた人魚は吉兆として当寺に納められました。

とのこと。【龍宮寺】はかつて『浮御堂』と呼ばれ、別の場所にあったということらしいんですが↓

でも、人魚に関してはざっくりとした記述しかなくて、良く分かりません。そこで再度ネットであれこれ調べてみることにしました。↓

貞応元年(1222年)のある日、博多の入り江に巨大な人魚が流れ着きました。

その大きさたるや八十一間(約145.8m)!!

これはでかい。145メートルっていうのは、「特大場外ホームラン145m」とか言っちゃうくらいの大きさ。

報告を受けた『後堀河天皇』が占い師の『安部大富』に占わせたところ

「これは国が栄える前兆だ」とかいう。

そこでただちに『冷泉中納言』を勅使として博多へ下向させたのでした。

この『冷泉中納言』の名は、福岡の地名『冷泉』の由来らしいです。

こうして到着した『冷泉中納言』だったけれど、人魚はすでに死んでしまっていたのでした。

町人らは『冷泉中納言』が滞在したという『浮御堂』(←龍宮寺のこと)の傍に人魚塚を建て、人魚の骨を埋葬しました。

『浮御堂』というのは「楊ヶ池」のあたりにあった小さなお寺で、満潮時に海水が寺内に入ってきたことから名づけられたのだそうです。

人魚の出来事をきっかけに『浮御堂』は【龍宮寺】へと改称。そして1600年に現在の場所で再興されたというわけ。

こちらは、博多区店屋町にある『楊ヶ池神社跡』。↓

お寺と神社で違うけど『浮御堂』もこの辺りにあったということかな。↓

『浮御堂』のそばに建てられたという人魚塚。その石は霊験あらたかとのことで、削りに削って人々に飲みまくられて、飲みつくされたとか。現在の人魚塚は昭和33年の再建とのこと。

また、お寺の本堂には『人魚の骨』『人魚の掛け軸』が保管されていて、予約をすると見ることができるのだそうです。

境内には『三宝大荒神社』も鎮座していて↓

『三宝荒神』とは火と竈の神様。

こちらは聖観世音菩薩を祀る『観音堂』。↓

『博多七観音』の一つだそう。

さてさて、なんですけど。聞いてください。

博多の人魚の言い伝えには、また別のお話もあるらしくって↓

博多の庄の浦でミソミという美少女が毎日海を眺めていました。

ある時、見知らぬ男子があらわれてこう言うのです。

「迎えにきたよ」

今どきの娘でしたら

「はあ!?まじ逮捕」

とか言うのでしょうけれど、このミソミという女子はそのまま一緒にどこかへと消えていったのでした。

その後、海ではスズキが大漁。

それからしばらくして、ミソミにそっくりなスズキが打ち上げられたのです。

ミソミの顔がスズキっぽかったのか、スズキの顔がミソミっぽかったのか。

すると今度はその大漁がぱたりと止んだのでした。

人魚というより人面魚じゃないかしら、と私はつい思っちゃうんだけど、そういう意見は野暮よね。


【龍宮寺】

福岡市博多区冷泉町4-21