丘しいな!!島った!!っていうね【方ヶ島八幡宮】

前々回、私は糟屋郡にある【阿恵日守八幡宮】を訪ねました。(→どっちがどっちでなにがなんだか【阿恵日守八幡宮】)↓

そして前回は【日守神社】を訪ねました。(→夢の跡といっても過言ではない【阿恵官衙遺跡】)↓

というのも、【御手洗神社】を訪ねたときのことなんですけど↓(→宇美(川)は広いな大きいな【御手洗八幡宮】

あれこれ調べるために、志免町のHPを参照していたんです。そしたらそこには楽しいお話があって↓

かつて神功皇后が出産のため、香椎から宇美へ旅をしていた道中のことです。

道のそばの川で手を洗われたので、その地は「御手洗」。方角を尋ねられたところが島のように小高いところだったので「方ヶ島」。

陣痛が起き「はらいた」と言われたので「原田」。腰掛けて今何時か尋ねられたので、石を「日守石」。

行く先々で面白ネームが生まれる、そんな神功皇后ゆかりの地を、私は訪ねてみたいと思いました。

で、今回は【方ヶ島】ってわけ。糟屋郡志免町の↓

『旧志免鉱業所竪坑櫓』が見える『志免鉄道公園』の前の通りを↓

まっすぐ歩きます。↓

この辺りは以前『勝田線』を辿ったときにも訪れていました。(→志免駅から宇美駅まで辿ってみた【勝田線4/5】)↓

通りのちょっと先に『コミュニティーセンター』があって↓

じ、児童公園!?↓

どうやら児童公園はセンターの裏手にあるみたい。↓

さて、この地が、さきほどのお話の中の「神功皇后が方角を尋ねた場所」ではないかとされていて↓

センターの敷地奥には石碑。近寄って見てみると『方ヶ島八幡宮』とあります。↓

八幡宮!?「神功皇后」を祀った神社がかつて鎮座していた、とかそういういうことなの!?

石碑の裏を見てみると、こう記してあって↓

古来神功皇后、応仁天皇の安産地の方向を比地に於てお定めになった事腐と伝えらる

やはりこの地で間違いなさそう。

志免町のHPにはこうありました。↓

「方ヶ島」の名の由来は、現在残っている石碑がその面影を偲ばせる。裏面右側に「大正十三年四月五日建」「昭和三十二年五月十日改建」と刻字されている。

以前この地には「方ヶ島八幡宮」というお宮があり、古老の話では昭和の初めまでお堂があったということである。

なるほど!でもね、ご祭神だとか由緒といった詳細については、分かりませんでした。

そしてさらに、なんですけど。ここは【方ヶ島遺跡】でもあるらしいんです。

やはり志免町のHPを参照します。するとこういう記載がありました。↓

方ヶ島遺跡。古墳時代の遺跡です。現在は志免2コミュニティーセンターが建っています。土壙(こう)からは土器のほかに2種類の貝が出土しました。

シンプルかつ明瞭、それでいてざっくり。つまり↓

遺跡跡であり、神功皇后の言い伝えの地であり、八幡宮が鎮座していた地であり、現在はコミュニティセンターが建っている。

一見無関係のようで、実は全てがつながっている。とかだったらいいんだけどね。

コミュニティセンター裏へ廻ってみると【方ヶ島公園】があって

園内には相撲の土俵っていうんですか。↓

これはなんだろう。宇宙?↓

ところで、私気になることがあるんです。

『方ヶ島』っていうけど、島とはどういうことなんだろう。小高い「丘」だったら分かるけど、小高い「島」!?

『方ヶ丘』が正解じゃないの!?でもやっぱり島なんだな。この辺りには、かつて水辺があったとか!?

もしくは、言葉の響き的な。雰囲気的な。島好き的な!?

おしまい。


【志免2コミュニティーセンター】

福岡県糟屋郡志免町志免1丁目13-17