時間を尋ねて腰掛けたから日守石【阿恵日守八幡宮】

つい先日のこと。

福岡県糟屋郡志免町に『御手洗神社』(↑)を訪ねました。↓

『御手洗神社』は宇美川の川沿いに鎮座している神社で↓

その名前の由来はこんな具合。↓

神功皇后が三韓出兵より帰還され宇美での出産へ向かう途中、この地で手を洗われたことから八幡宮をお祀りしています

また志免町HP内にある方ヶ島(ほうがしま)のページにも、神功皇后と地名に関するお話がありましたので、少し参照させていただきます。↓

神功皇后は、三韓出兵から帰還。姪浜(福岡市姪浜)の袖浜に上陸されました。香椎宮(福岡市香椎)にて、御産所をどこがよいと占うと「蚊田の邑」(宇美)ということだったので、さっそくその地へ向かうことにしたのであった

とあって↓

道のそばの川で手を洗われたので、その地は「御手洗」とよばれるようになり、方角を尋ねられたところが島のように小高いところだったので「方ヶ島」に

さらに続きます。↓

陣痛が起き「はらいた」と言われたので「原田」

も一つ続いて↓

道端の石に腰掛けて「日を守りたまいて(太陽をじっと見て)今何時か」と尋ねられたので、この石を日守石と名付けられました(粕屋町阿恵日守八幡宮)

そしてようやく↓

神功皇后は「蚊田の邑」(宇美)に到着して、無事に応仁天皇を出産されたのでした

そんなザ神功皇后伝説の中から

今回、「日守石」を探し求めて【阿恵日守(ひまもり)八幡宮】を訪ねてみたいと思います。こんにちは!↓

ではまず福岡空港から出発して宇美川を渡り↓

さらに須恵川も渡ります。↓

扇橋の交差点を突き抜けて↓

福北ゆたか線の踏切を渡って↓

そして突き当たったところを左にぐいっと曲がります。ここは交通量が結構多くて大変だから気を付けて。↓

曲がったすぐそこに鎮座するのが、今回の目的地【阿恵日守八幡宮】。↓

では鳥居をくぐって境内へ。↓

先ほども紹介しましたけれど、かつて神功皇后はこの地で一休みをして↓

 

太陽をじっと見て、それから時刻を尋ねたわけで

その時に腰掛けたという『日守石』が、今でも【阿恵日守八幡宮】境内にあるかもしれません。

扁額には「八幡宮」。↓

境内で↓

拝殿。↓

ちらっと失礼します。↓

社殿全景。↓

合祀記念碑。↓

境内には由緒書きとか案内書きなんかは特に見当たりませんでした。

境内社。↓

そしてご神木の↓

おや!?根の所にあるこの石が、ひょっとすると日守石!?↓

とか思ってたら、なんと!ここ【阿恵日守八幡宮】そばに、もう一社【日守神社】があるらしいんですが。

なにそれ!!続きは次回!日守石はどこ!?↓


【PR】学生用地理教育ツール 日時計

【阿恵日守八幡宮】

福岡県糟屋郡粕屋町阿惠288