人に例えるならいぶし銀【旧志免鉱業所】

0
人に例えるならいぶし銀【旧志免鉱業所】

かつて栄えた炭鉱の名残り。平成を飛び越え令和となった今現在でも堂々と、少し寂しげに志免の街中にそびえたっています。

志免町の様々な場所からも、彼の雄姿を見ることができます。そのすさまじい存在感、と同時に漂う昭和感、哀愁、赤ちょうちん、つきだし、お勘定、明日も仕事…。

そうです。旧志免鉱業所、竪坑櫓(たてこうやぐら)。
ケージと呼ばれる籠を上げ下げするエレベーター付ビルディングのこと。高さ約47.6m。
ワインディングタワーとも呼ばれ、内部にある巻き上げ式機械で石炭をひっきりなしに運搬したのだそうです。

こちらは坑口。資材や人を運ぶため、そして排気や配水などに使われたとのこと。

現在は志免町総合福祉施設シーメイトの敷地内で管理されています。

ただいま補修工事中(2019年8月時点)だそうで、残念ながら建物の一部にカバーがかかっていました。

こちらは以前訪れた際の写真(2年くらい前)。当時も内部に入ることはできませんでしたが、フェンス近くまで寄ってパチリすることもできました。(言いまわしにも昭和感が…)

1964年の閉山に伴い役目を終えましたが、今なおこの貫禄ですわ!!

こちらは旧勝田線志免駅。

炭鉱を運ぶ運輸手段として使われました。現在は、記念公園として一部が保存されています。

線路跡は整備され、ゆるやかに続く遊歩道になっていました。

しばらく歩いてみると、結局辿り着いたのが

イオンモール糟屋店前!ぬかりない!!
是非一度行ってみてください。いや、竪坑櫓にね。
ジーンときます。

【旧志免鉱業所竪坑櫓】

福岡県糟屋郡志免町志免(大字)495-3