志免駅から宇美駅まで辿ってみた【勝田線4/5】

こんにちは。お元気ですか?え?

さて、『JR吉塚駅』から【勝田線】を辿っていくという散策企画も、もう終盤です。第4回目。
前回は『上亀山駅(跡)』から『志免駅(跡)』までを歩いて辿りました。

前回の記事はこちら。(→上亀山駅から志免駅まで辿ってみた

今回は『宇美駅(跡)』を目指したいと思います。

【勝田線】の中心地ともいえる『志免駅(跡)』を背に、まずは次の『下宇美駅(跡)』へ向かいましょう。↓

行き止まりって書いてあるけど↓

遊歩道は続くのだ!!↓

ここからはゆるやかな上り坂。↓

団地に近未来がありました。レトロフューチャー。↓

そして今度はゆるやかな下り坂です。↓

こんなのとか↓

こういうのって↓

やっぱり【勝田線】の痕跡なのかな。こちらの橋の裏側には、煤の跡(のよう)。↓

しばらく進むと、なにやらアーチ状のモニュメントが。私がくぐったら、ビーとか鳴るんじゃないの。

とにもかくにも、これは『友好のモニュメント』というものらしいです。つまり

「宇美町」と「志免町」どっちもずっ友のモニュメント。↓

そして、この町境を過ぎると、いきなり『光正寺古墳』が左手に現れます。迫力があって↓

雰囲気がいい。↓(→古墳で凧揚げ【光正寺古墳】【七夕池古墳】

また、こちらのトンネル上を通っているのは「九州縦貫自動車道」で↓

さらに進むと、遊歩道の脇にオシャレな小庭。

この小庭のすぐ先にあるのが『下宇美駅(跡)』なんだそうです。



そういわれると、通りの右側は駅のホームのような形をしていますね、ね、ねえ。↓

ちなみに、現役時代は無人駅だったとのこと。

このまま「宇美川」にかかる「宇美橋」を渡れば↓

『宇美八幡宮』に到着するんだけど(→ずっと訪ねてみたかったんで01/02【宇美八幡宮】)↓

【勝田線】は橋の手前を左へ曲がって↓

「宇美川」に沿ってしばらく進む。

すると右手に小さな橋がかかっています。ここから「宇美川」を渡るんです。

鉄道をモチーフにした欄干。

UMI。かっくいい。

私の想いを乗せて【勝田線】は走り続けます。

そして『旭地蔵尊』を通り過ぎたら↓

そこは『宇美駅』だった。↓

かつてこの『香椎線宇美駅』と『勝田線宇美駅』は100メートルほど離れた場所にあったのだそうです。

どこがどうとか分からないけど、距離的にはこのあたりに『勝田線宇美駅』があったのかな。知らんけど!!↓

イカしたモニュメントが宇美町に映えている。町民の願いがこめられています。↓

なにはともあれ、無事に『宇美駅』跡までたどり着くことができました。今回はずいぶん駆け足でしたけど。↓

いよいよ次回は最終回。残す駅跡は終着地の『勝田駅(跡)』のみ。やばみ。

そして楽しみ。乞うご期待!!

次回はこちらです!(→宇美駅から勝田駅まで辿ってみた


【JR宇美駅】

福岡県糟屋郡宇美町宇美5丁目13-1