夢の跡といっても過言ではない【阿恵官衙遺跡】

前回、【阿恵日守八幡宮】を訪ねました。↓(→どっちがどっちでなにがなんだか【阿恵日守八幡宮】

かつて神功皇后が出産のため、香椎から宇美へ旅をしていた道中のこと。↓

石に座って一休みして、そして時を尋ねたという『日守石』。それが【阿恵日守八幡宮】にあって、神社の由来になっているときいていたんです。↓

でもね、どうやら近くにもう一社【日守神社】があるらしい。だから訪ねてみたいと思います。

ここまで私は、福北ゆたか線の踏切を渡り↓

粕屋西小学校横の道を真っ直ぐ通ってきました。↓

で、【阿恵日守八幡宮】はここで左折だったんだけど↓

今度は右折。すると、そこには九州大学の農場が広がっています。↓

そして注意書き。↓

たしかに農場だけど、その前にここは【阿恵官衙遺跡(あえかんがいせき)】という、糟屋郡のルーツとも言える場所なのだ!!

どうやらそういうことらしいので、粕屋町のHPを参照します。↓

【阿恵官衙遺跡】は、飛鳥時代から奈良時代(7世紀後半から8世紀)にかけての『筑前国糟屋評[郡](かすやのこおり)』の役所跡とされる遺跡。

九州大学農場内での発掘調査の結果↓

ここには役所の中心施設である「政庁跡」、当時の税として集めた米を保管した「正倉跡」そして「古代の道路跡」が良好な状態で発見されました。

しかも↓

「政庁」「正倉」は建替えと増築が行われていたようだ。

またこの「評」というのは↓

現在も使われている「郡」という行政単位は、701年の大宝律令によって「評」から「郡」に変更されて今も続いているもの。

したがって↓

現在の糟屋郡をさかのぼっていくと【阿恵官衙遺跡】にたどり着く。糟屋郡のルーツ。

とのこと。他にもお話があって↓

698年に製作された『国宝妙心寺梵鐘(京都府)』に「糟屋評造舂米連廣國(かすやのこおりのみやつこつきしねのむらじひろくに)」の名が記されていて、この「糟屋評造」っていうのは「糟屋評の長官」という役職名のこと。

これが良く分からない。糟屋での役職名を京都のお寺の鐘に記す!?と思ってこの梵鐘を検索してみたら↓

『観世音寺の梵鐘』と同じ鋳型から造られた兄弟鐘

なのだそう。

ちなみに、この梵鐘は現在「妙心寺法堂内」に保管されていて、有料拝観で見ることができるらしいです。

なんだかね、分かったようで分かってない!!ということで、私は本来の目的地【日守神社】を目指します。

場所でいいますと、ちょうど【阿恵日守八幡宮】から須恵川を渡ったすぐのところ。阿恵橋を渡って↓

住宅地の細い道を進むと↓

猿田彦の石碑があって↓

その向かいに【日守神社】が鎮座。↓

境内に入ると少し奥に鳥居があって↓

拝殿。↓

さらに奥は公園になっています。↓

祠と石碑。↓

入り口のところに案内板があったので

読んでみると、こんな具合でした。↓

奈良時代聖武天皇の時代、九州には11の駅家(馬と人夫の宿)が置かれていました。ここ夷守(日守)にも駅は設置されていて、交通の拠点でありました。

また万葉集には↓

草枕旅ゆく君を愛しみ 副いてぞ来し 志可の浜辺を

という歌が詠まれており、これは↓

大伴旅人(大宰府長官)が病のときに、奈良にいる弟と姪が見舞いにやってきてくれました。病が治ったので、ここ日守まで見送りにきました。そして別れの宴で詠んだのが先ほどの歌。

とのこと。↓

大伴旅人は日守石を見たり、ちょっと座ってみたりしたのかな。ところでいったい、日守石ってどれ。


【阿恵官衙遺跡】

福岡県糟屋郡粕屋町阿恵255-1

【日守神社】

福岡県糟屋郡粕屋町仲原2895