大水城の東端からハロー02/03【水城04】

前回の続きです。(→大水城の東端からハロー01/03【水城04】

【水城跡】を訪ねて、私は四王寺山の山すそにある【水城館】(休館中)までやってきました。↓

そして、いわゆる「大水城」の東端であるこの場所から、水城跡の一部を見てみましょうよというわけです。↓

それでは、再会ということで再開します。



四王寺山側と水城土塁側を分断している「福岡日田線」を渡ると、そこから土塁は真っ直ぐ伸びていくんだけど↓

その土塁の開始地点には祠があって、こちらは「賽の神」というんだそうです。↓

では、きれいに整備された遊歩道を土塁に沿って歩いていきます。↓

でもね、土塁は途中で途切れることになる。というのも「国道3号」「御笠川」「西鉄大牟田線」がそれぞれ土塁を横切って走るので、ご覧の通り分断です。↓

もちろんこの先に水城の続きがあるんだけれど、それはまた別の機会に。今回はここで土塁をUターンします。↓

すると途中で再び案内板を発見。↓

こちらには「水城瓦釜跡」と書いてあります。↓

この地下には瓦窯跡が保存されています。平窯という九州では珍しい構造。8世紀中頃と推測されます。

とあって↓

さらに歩くとまた案内板。↓

こちらは「東門木樋跡」。どうやらここで木樋が発見されたらしいです。↓

まずは案内板をチェック。↓

木樋は木製の導水管。外濠へ給水するため土塁の下に木樋が設置されています。ここは取水口で、80mほど先に吐水口。

つまりこういうことでしょうか。↓

そして土塁を起点に、水城無料駐車場までの辺りが、かつての外濠だったということかしら。↓

さて、こうして水城(の一部)をぐるっとひとまわりして、あっという間にスタート地点の【水城館】へと戻ってきました。

でね、この【水城館】の上には展望台があるらしいんですよ!?

これは行くっきゃない!!ということで、続きは次回です。よろしくどうぞ。
続きはこちら!(→大水城の東端からハロー03/03【水城04】


【水城館】

福岡県太宰府市国分2丁目17