届け、この想い!!飛んでけ!!【野芥縁切地蔵】

福岡市早良区の野芥地区にある【野芥縁切地蔵尊】を訪ねました。こんにちは。

こちらはその名の通り、「縁切り」に霊験あらたかなお地蔵さまとして知られているらしいんです。↓

住宅街の片隅のお堂に、ひっそりと祀られている【野芥縁切地蔵尊】。

その名前の由来は、こんな具合。↓

重留(早良区)の長者の息子「兼縄」に、粕屋(粕屋町)の長者の娘「お古能姫」が嫁ぐことになりました。

ですがトラブル発生。花婿が、ある事情のため当日逃げ出してしまったのです

どんな事情があっても、当日は流石に厳しい。ひどい。

困った花婿の父は、苦し紛れにとんでもない嘘をつきます。

『花婿はすでに死んでいるよ』

花嫁(仮)のほうはといいますと、嫁入りのため、すでに粕屋から野芥までやってきていました。

今更そんなこと言われても、もう帰る家はないんだし。

絶望のあまり、花嫁(仮)は命を絶ってしまったのでした

花嫁を憐れんだ野芥の地の人々は地蔵をたてて祀ったのでした、というのが地蔵尊の由来。

 

ん??花婿はいったいどこいったの?!

それはさておき、お堂のある境内へ入ってみることにしますね。

正面真ん中にある独特な形の石塊が、本尊のお地蔵さまだそうで↓

体を削って相手に飲ませると願いが叶います

そんな古くからの言い伝えによって、長い年月をかけてこういう形になったみたい。

ですが現在では石を削る代わりに、販売されている絵馬に想いを書き記すようになっていて↓

壁一面に絵馬そして封筒や手紙がぐるりと貼り付けられていました。訪れた人の、強くて熱い想いを感じます。

男女間・人間関係の縁切りはもちろんですが、病気や悪習・ギャンブルなどにも霊験あらたかとのこと。

お堂の前では、猫がずっと私を見つめていたので

彼を「花婿」と名付けたのであった。


【野芥縁切地蔵尊】

福岡市早良区野芥4丁目21-34