誰か私に楢柴肩衝をくれないかな!!【島井宗室屋敷跡】

福岡市博多区の中呉服町。御笠川が流れるすくそばの、昭和通り沿いの脇のところに、私は小さな石碑を見つけたのであった。↓

おやまああらあらとか言って近寄ってみると、石碑には【島井宗室屋敷跡】と刻まれていました。↓

つまり、この場所にかつて島井宗室さんなる人物のおうちがあったらしいんだけど、私は島井宗室を知りません。

ですのでさくっとネットで調べてみることにしました。↓(wikipedia内の島井宗室の項を参照。)

島井宗室は『博多の三傑』と呼ばれた豪商で、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した人物です。当時博多を支配していた大友宗麟との取引でその地位を確立していきました。

その大伴氏が没落し島津氏が台頭してくると、自分の立場を危惧して上洛します。そして織田信長に謁見し保護を求めたのでした。

信長と交わした保護の条件の一つが、伝説の茶器『楢柴肩衝』だといわれています。↓

楢柴肩衝(ならしばかたつき)は天下三肩衝と呼ばれた茶器。もとは足利義政の所有物だったが、島井宗室が手に入れる。織田信長もこの名物を欲しがり、商売の保護を条件に献上するように宗室に命じたとされる。

本能寺での信長との謁見の際、宿泊していた島井宗室はなんと「本能寺の変」に巻き込まれてしまいます。すごいタイミング。↓

その燃え盛る本能寺から逃げ出す際に、島井宗室は信長の所有である空海直筆『千字文』をちゃっかりしっかり持ち出したのでした。↓

持ってってるわあ。↓

そして信長の死後は、豊臣秀吉の保護を得て島井宗室は栄華を極めていったのでした。

江戸時代に入り家康からは冷遇されましたが、黒田長政の福岡城築城の際にはその有り余る財力をもって協力したといわれています。

こうして波乱万丈な人生を送った島井宗室は、元和元年(1615年)8月24日に死去。墓地は『崇福寺瑞雲庵』にあるとのこと。↓

一番の権力者を見事に見定め、無駄なく効率よく動く。豪商の豪商たるゆえんでしょうか。



ちなみに島井宗室の屋敷(つまりここ!?)にあったといわれる博多塀(べい)は現在、『櫛田神社』の境内に再現保存されていて(→あらお久しぶりといった感じで【櫛田神社01】)↓

本能寺から持ち出したという空海直筆の『千字文』のほうは、現在『東長寺』に保管されているのだそうです。(→人は地獄というけれど【東長寺】)↓

そして茶器『楢柴肩衝』のほうはといいますと。↓

のちに秋月種実が手に入れたあと豊臣秀吉へと献上されました。秀吉の死後は徳川家康に授けられたけれど、明暦の大火で破損してしまいました。

修理に出され修繕されたけれど、なんと行方不明になってしまったのだ!!

そんなお話。


【島井宗室屋敷跡】

福岡市博多区中呉服町7